伊藤慶二展 ペインティグ・クラフト・フォルム

  • 印刷する
会 期
20130810日 -  20140113
開催時間
10時00分 - 18時00分
入館は17時30分まで
休み
月(月曜日が休日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日
入場料
有料
一般320円(260円)、学生210円(160円)
※「日根野作三と薫陶を受けた7人」と「伊藤慶二展」をご観覧いただけます。
※()内は団体20名以上高校生以下は無料
※11月3日(日・祝)文化の日は、全館無料開放となります。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
岐阜県現代陶芸美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
岐阜県現代陶芸美術館
住所
〒507-0801 岐阜県
多治見市東町4-2-5
最寄り駅
多治見
電話番号
0572-28-3100

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

岐阜県土岐市在住の伊藤慶二(1935-)は、若い頃に油絵を学び、そして美濃の地で早くから陶の造形的な仕事に取り組んできました。20代半ばより師事した陶磁器デザイナー・日根野作三との出会いから、伊藤は現代工芸クラフトに関心をもち、やきものに対する姿勢の根幹を形作っていきます。造形物シリーズとして制作を続けている「HIROSHIMA」「沈黙」、そして「尺度」も展開を重ね、近年では「祈り」「鎮魂」シリーズを発表。その作品が生む空間は、静かな思索の時間を私たちに投げかけてきます。
本展は、旧作と新作による陶の造形物、クラフトに伊藤独特の表現が結びついた作品、そして若い頃から近作までの絵画という三つの伊藤の表現世界で構成します。とくに新作「道」をテーマとする絵画、「NAGASAKI」シリーズの作品は本展で初めて発表されます。陶の造形物は、外光のはいる当館ギャラリーの一室に展示しており、ここに伊藤慶二作品による新たな空間構成が生まれ、鑑賞を楽しく誘うことでしょう。

関連情報

■同時開催
ギャラリーⅠ
 ・陶芸の魅力×アートのドキドキ開催中~8月25日(日)
 ・オールド大倉の世界9月7日(土)~11月24日(日)
 ・やきものタイムカプセル―呼び覚まされた多治見工業高等学校秘蔵の陶磁器―12月7日(土)~平成26年2月23日(日)
ギャラリーⅡ
 ・日根野作三と薫陶をうけた7人(2F展示室A)8月10日~平成26年1月13日(月・休)

■ アーティストトーク「伊藤慶二・自作を語る」※展覧会観覧券が必要です。
  日時:8月24日(土)14:00 -15:00場所:ギャラリーⅡ展示室
  伊藤慶二氏に、同時開催の「日根野作三と薫陶をうけた7人」(ギャラリーⅡ展示室A)の出品作にも触れながら
  ご自身の作品についてお話いただきます。

■ 学芸員によるスライドレクチャー※参加無料、事前申込不要。
  日時:9月21日(土)14:00-場所:プロジェクトルーム
  「日根野作三と薫陶をうけた7人」「伊藤慶二展」に関連した内容を担当学芸員がお話します。

■ 学芸員によるギャラリートーク※展覧会観覧券が必要です。
  日時:11月2日(土)、平成26年1月4日(土)13:30-
  「日根野作三と薫陶をうけた7人」「伊藤慶二展」の展示案内を行います。

■ ボランティアスタッフによるギャラリートーク※展覧会観覧券が必要です。
  毎週日曜日15:00-※展覧会観覧券が必要です。

主催・協賛・後援

主催: 岐阜県現代陶芸美術館

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。