猪熊弦一郎展 新しい美 抽象の探求

  • 印刷する
会 期
20131116日 -  20140216
開催時間
10時00分 - 18時00分
最終入館17時30分
休み
2013年12月25日-31日
入場料
有料
一般950円[760円]、大学生650円[520円]、高校生以下または18歳未満・丸亀市内在住の65歳以上・各種障害者手帳お持ちの方は無料
[]内は前売り及び20名以上の団体料金
同時開催企画展「猪熊弦一郎展丸亀とともに香川県立丸亀高等学校所蔵作品を中心に」および常設展観覧料を含む
*11月23日(土・祝)は開館記念日のため観覧無料
*12月20日(金)はコンサート準備のため常設展は観覧無料。ただし15:00~18:00はご覧いただけません。
*前売り情報は、下記特記事項を参照下さい
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
住所
〒763-0022 香川県
丸亀市浜町80-1
最寄り駅
JR丸亀
電話番号
0877-24-7755

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

猪熊弦一郎(1902-1993)の作品は、1955年の渡米後、抽象に変化したと言われています。渡米して数年後には、具体的なものを指し示さない形を描いた絵画や、思うままに筆を走らせ、画面に絵の具がほとばしった絵画を制作しました。それまで日本で描いていた人物や猫といった姿が作品から消えたのです。「オブジェクティブなものを除けるのに成功」することは、虚飾のないニューヨークに拠点を構えた猪熊にとって、素の自分で勝負し、純粋で強い絵を描くために必要でした。
 しかし猪熊の作品は、このときに具象から抽象へと一方向に変化しただけではありません。渡米前から滞米中を含め晩年までの間、具象画と抽象画のあいだを行ったり来たりし、あるいは一つの作品のなかに二つの要素が同居したりしています。具象画を描いているころから人や動物などは画面を占める色のスペースと考えたり、晩年には顔も形の組み合わせであると考えた猪熊が、自分だけが生み出せる「新しい美」をもつ絵画を描こうとした結果、独自の歩みを進めることになりました。
 本展では、1940年代後半から渡米までの作品を通して抽象へのめざめを検証し、さらに晩年までの作品を通覧することで、猪熊と抽象との関わり、具象、抽象の枠組みを超えるダイナミックさをもつ猪熊作品の魅力をご紹介します。

【みどころ】
1.猪熊の抽象画
具象絵画ながら写実から変形を推し進めていた渡米前の作品では、対象を色の面で捉え、その配置によって画面の均整をとろうとしていました。そうした下地があったところに、渡米して新しい環境に身を置くことで、物に頼らず、色と形の構成による作品へと変わることになります。渡米前後の作品を連続して展示することによって、猪熊の抽象画がいつ、どのような流れで描かれ始めたかを示します。さらに、それらの作品を同時に見ることで、どのような新しい美が生まれたか、作品の注目ポイントが体感できます。

2.猪熊にとっての具象・抽象
猪熊は長い画業のうち、幅広い年代にわたって具象・抽象を描いています。同じような構成に見える作品群でも「四角」や「丸」という単語を使って題名にしたもの、「都市」を題名のなかに用いたものなどがあり、猪熊が具象・抽象をそれぞれどのように考えていたか、自分の絵にどのように活かそうとしていたかを探ります。

3.具象と抽象の共存
猪熊の作品には、具象と抽象が共存しているように見えるものがあったり、あるいは抽象と思って見ていると、ふいに具象があらわれてきたりします。こうした組み合わせの妙や、形が発する印象の複雑さ、奥深さは、猪熊のたぐいまれな造形感覚のなせる技によるものと言えます。猪熊の創造の世界をお楽しみください。

*作品保護のため、会期の途中で一部の作品を変更いたします。(前期:11月16日(土)-12月24日(火)/後期:1月1日(水・祝)-2月16日(日))

*本展は「猪熊弦一郎展 丸亀とともに -香川県立丸亀高等学校所蔵作品を中心に」と同時開催いたします

関連情報

1.ワークショップ 「フェルトでキャンバスアート」
 猪熊弦一郎の絵の色面の配置やかたちに注目しながら、展覧会を見た後、フェルトをキャンバスに貼り付けて絵をつくりましょう。
 日時: ①2013年12月8日(日)10:00~12:00 ②2013年12月14日(土)、15日(日) 各日10:00~12:00
 場所: 3階展示室C、2階造形スタジオ
 対象: ①高校生~大人 ②小・中学生
 参加料: 300円
 申込締切: ①2013年11月21日(木)必着 ②2013年11月28日(木)必着
 定員: 各日20名

 お申込み方法:
  ワークショップ名・名前・ふりがな・学年(年齢)・郵便番号・住所・電話番号を書いて、メール(workshop@mimoca.org)
  もしくはハガキで美術館ワークショップ係まで。当館ウェブサイトのフォームからもお申し込み可能です。
  ●応募者多数の場合は抽選し、その結果は締め切り後全員にハガキでお知らせします。兄弟・友人の場合、1枚のハガキ
   もしくはメールで一緒にお申し込みができます。
  ●メールまたはウェブサイトのフォームからのお申し込みの場合、募集締切日の翌日までに受付完了の返信メールが届かなければ
   ご連絡ください。
  ●メール、ウェブサイトのフォームからのお申し込みの場合、当館からのメールが受信できるように設定しておいてださい。
  ●締切後でも定員に満たない場合は、受け付けますのでお問い合わせください。

2.キュレーターズ・トーク
本展担当キュレーター(松村円)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。
 日時: 会期中の第1、第3日曜日 各日14:00-
 参加料: 無料(ただし展覧会チケットが必要です)
 申込: 不要(美術館1階受付前にお集まりください)

特記事項

前売券販売場所:
[丸亀]あーとらんどギャラリー(0877-24-0927) オークラホテル丸亀(23-2222) おみやげSHOPミュー(22-2400) きままや(22-9361)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。