生誕100 年記念 富永直樹展

《大将の椅子》1984年 長崎県美術館蔵
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20131123日 -  20131223
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    最終入場19時30分
    入場料
    有料
    一般600(500)円、大学生・70歳以上500(400)円、高校生以下無料
    ※()内は前売り及び15名以上の団体料金
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    長崎県美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    長崎県美術館
    住所
    〒850-0862 長崎県
    長崎市出島町2番1号
    最寄り駅
    出島電停
    電話番号
    095-833-2110

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    彫刻家・富永直樹の業績を顕彰する回顧展

    平成2 年(1990)に長崎県の名誉県民として顕彰された彫刻家・富永直樹(長崎市生まれ/1913~2006)の生誕100 年を記念し、富永の足跡を紹介するとともにその業績を顕彰する回顧展を開催します。富永は東京美術学校彫刻科在学中の昭和11 年(1936)に文展(後の日展)に初入選して以来、日展を主な舞台に活躍した長崎が誇る彫刻家です。昭和25 年から27 年にかけて三年連続で日展において特選を受賞するなど華々しい活動を繰り広げたその実績は、日本芸術院会員任命(昭和49)、日展理事長就任(昭和54~58)、文化功労者顕彰(昭和59)、文化勲章受章(平成元)などの経歴に見られるように広く認められているところです。また、あまり広く知られていませんが、昭和24 年に発表された国産四号電話機やヒット商品となったプラスチックラジオSS-55(昭和27 年、三洋電機)のデザインを手がけるなど、戦後のインダストリアルデザインの先駆として今日につながる産業界のデザイン的基盤形成に大きな貢献をしてきました。
     この展覧会では、彫刻作品約55 点をはじめ各種関係資料により、富永の仕事を包括的にご紹介します。

    関連情報

    ■ 学芸員によるギャラリートーク
        日時:11月24日(日)、12月8日(日)、22日(日)14:00~
        会場:企画展示室
        料金:無料(ただし本展観覧券が必要)

    ■ ワークショップ「大好きな生き物を作ろう」※事前申込制
        粘土で身近な動物や想像上の生き物などを作るワークショップです。
        粘土を乾燥させたあとは金属調の着色料を塗り、ブロンズ像のように仕上げます。
        日時:①11月30日(土)10:30~13:00 ②12月8日(日)10:30~13:00※2回連続
        会場:アトリエ
        定員:20名(応募者多数の場合は抽選)
        対象:小・中学生
        参加費:500円
        申込締切:11月15日(金)必着

        [申込方法]
        参加者全員の氏名(ふりがな)②年齢③〒④住所⑤電話番号を明記の上、
        FAX、ハガキ、E-mailのいずれかの方法でお申し込みください。
        (宛先)〒850-0862 長崎市出島町2-1
        長崎県美術館「富永直樹展関連ワークショップ」係
        FAX:095-833-2115
        E-mail:workshop-01@nagasaki-museum.jp

    主催・協賛・後援

    主催: 長崎県、長崎県美術館、富永直樹展実行委員会
    後援: 長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎県立長崎図書館、長崎市立図書館、長崎県美術協会、長崎新聞社、
         西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、NHK長崎放送局、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、
         NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。