田代一倫写真展 「はまゆりの頃に 2013 年 春」

  • 印刷する
会 期
20131106日 -  20131124
開催時間
12時00分 - 20時00分
休み
会期中無休
この情報のお問合せ
photographers' gallery
160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401
03-5368-2631
info@pg-web.net
http://www.pg-web.net/
情報提供者/投稿者
開催場所
photographers’ gallery
住所
〒160-0022 東京都
新宿区新宿2-16-11-401 サンフタミビル4F
最寄り駅
新宿三丁目
電話番号
03-5368-2631

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

田代一倫は2011年4月15日より、東日本大震災に見舞われた沿岸部をはじめ、内陸の山間部や都市部に住む人々と、会話をしながら繰り返し撮影を行っています。2012年、田代は広範囲にわたって撮影を続けながらも、「春」は仮設住宅で暮らす人々、「夏」は東北一の歓楽街である国分町を行き交う人々、「秋」は放射能被害により避難生活を余儀なくされている楢葉町の人々、そして「冬」には福島第一原発で働く人々を重点的に撮影し、それぞれの季節に撮影した作品をphotographers’ galleryで発表してきました。田代は、この4回の連続展で、本年度の「さがみはら写真新人奨励賞」を受賞しています。
続編となる本展では、「震災から3年目の春を迎えたこの時期に、今まで撮影したすべての土地をまわりたい」と田代が言うように、沿岸部、山間部、都市部、そして2012年に重点的に撮影した地域の人々すべてを撮影対象としています。
作品からは、春の柔らかな日差しの中に佇む人々と、田代との関係性が見てとれます。それは、変化し続ける被災地の状況に敏感に反応しながら自問していった、田代の写真家としての立ち位置の答えを示しているようにも思えます。
そして、本展と同時期に、写真集『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011~2013年』(里山社)が刊行されます。496ページに及ぶ重厚な写真集です。展覧会とあわせて、ぜひご覧下さい。

展示内容
C プリント 510×608mm 約40 点

田代一倫 TASHIRO Kazutomo 略歴
1980 年 福岡県生まれ。
2006 年 アジアフォトグラファーズギャラリーの設立・運営に参加。
2009 年 photographers’gallery の運営に参加。
2010 年 九州産業大学大学院博士後期課程造形表現専攻満期退学。
第8 回三木淳賞奨励賞 第13 回さがみはら写真新人奨励賞
写真展「浮憂世代」(Juna21 新宿・大阪ニコンサロン)、「八幡」(アジア フォトグラファーズ ギャラリー・福岡)、「椿の街」
(photographers’gallery・東京)など多数。
写真集『はまゆりの頃に 三陸、福島2011~2013 年』(里山社)を2013 年11 月に発行する。

★写真集『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011~2013年』
2013 年11 月初旬発売

里山社
http://satoyamasha.com/?cat=2

関連情報

写真集『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011~2013年』(里山社)
2013 年11 月初旬発売
著者 田代一倫(本作で2013 年さがみはら写真新人奨励賞受賞)
装丁:鈴木成一デザイン室
菊判(225 ㎜ ×148 ㎜)
本体3,800 円+税
カラー496 ページ+ 別刷月報8 ページ
ISBN 978-4-907497-00-2 C0072
折込寄稿執筆=赤坂憲雄(民俗学)、伊藤俊治(美術史)、
大島洋(写真家)、倉石信乃(写真史)
http://satoyamasha.com/?cat=2

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。