photographers’ gallery企画 小松浩子展 「毒皿方針」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20131022日 -  20131103
開催時間
12時00分 - 20時00分
休み
会期中無休
この情報のお問合せ
info@pg-web.net
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
photographers’ gallery
住所
〒160-0022 東京都
新宿区新宿2-16-11-401 サンフタミビル4F
最寄り駅
新宿三丁目
電話番号
03-5368-2631

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度photographers’ galleryでは、企画展として小松浩子展「毒皿方針」を開催する運びとなりました。photographers’ galleryとKULA PHOTO GALLERYの2会場を使い、バライタ印画紙をロール約60メートルと六切約700点を展示します。小松浩子は2009年の初個展以来、2010年から2011年にかけて「ブロイラースペース」を期間限定で自身の新作発表の場として運営しながら、写真展を数多く開催し精力的に活動しています。撮影は一貫して東京の西部・南部地区の工業地帯を中心に続けられてきました。撮影場所・対象の変化はないものの、新たな展示方法によって小松浩子のこれまでとは異なる側面が発見されるのではないでしょうか。ぜひ、ご高覧下さい。

■作家ステートメント

一回かぎりは、被害がない。
ひとを愛せる者だけが
真にひとを腐敗させる。

展示内容
photographers’ gallery/ゼラチンシルバープリント ロール紙、1,080ミリ×60メートル
KULA PHOTO GALLERY/ゼラチンシルバープリント 203×254ミリ、約700点

小松浩子 Hiroko Komatsu 略歴
神奈川県生まれ

個展
2009.11 「チタンの心」ギャラリー山口(東京)
2010.6〜2011.4 「Monthly Exhibition #01〜#10」ブロイラースペース(東京)
2010.11 「速度計」ギャラリーQ(東京)
2011.7 「資本の有機的構成」ギャラリーQ(東京)
2011.11 「拡張スロット」トキアートスペース(東京)
2011.11 「自殺体質」横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川)
2012.2 「ブロイラースペース時代の彼女の名前」目黒区美術館 区民ギャラリー(東京)
2012.7 「平行定規」ギャラリーQ(東京)
2012.9 「当事者研究」photographers' gallery/KULA PHOTO GALLERY(東京)
2013.5 「具現的公共性」ギャラリーQ(東京)
グループ展
2011.5 「写真の地層展 Vol.13」世田谷美術館 区民ギャラリー(東京)
2012.4 「写真の地層展 Vol.14」世田谷美術館 区民ギャラリー(東京)
その他
2010.11 レクチャー「写真とは何か?」新潟大学 人文学部
2011.5 スライドショー「antidrawing #1」横浜美術館レクチャーホール
2011.8 スライドショー「antidrawing #2」横浜美術館レクチャーホール
出版物
小松浩子 作品集「ブロイラースペース時代の彼女の名前」 2012.2発行 192ページ 190×190mm

小松浩子ホームページ
http://www.komatsu-hiroko.com/

主催・協賛・後援

photographers’ gallery

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。