木下以知夫 彫刻展

  • 印刷する
会 期
20131104日 -  20131109
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日は17:30まで。
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー檜B・C
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-9-9 ウインド京橋ビル2F
最寄り駅
宝町
電話番号
03-6228-6361

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ギャラリー檜Cでの展示です。

廃高圧BONBEへの行為。

企画:談じ合い
11月8日(金)17:00~
題目[廃物人ということ]
本人TALK、後茶話会

作家のコメントと作家の紹介文
現代廃物は、「現代のヒロシマの死」を貫通し、「3.11」の現在、今ここに在る。人間の価値(判断)を廃棄し、今は唯、在ルコトの尊厳の仏性を以表しておる。
廃物人・彫刻 木下以知夫

質問状 第2回「現代の創造展」実行委員会各位殿
質問者:西村誠英 (2002年1月8日)より
彼の仕事は近代彫刻観の残像を残しながらも、近代ARTのフォルムの観念的な形状性に彫刻成立観を求めないものであり、現代の個物(現代廃物)自体に彫刻行為をもって密なるART体=彫刻体の出現を開く全く新たなるART精神の現場にあります。
 それは、人の属性としての現代のプリミティブなるART行為精神を開放する新たなる未知なるART基展を模索してのART体にあり、これまでのARTのフォーマリズム観を新たな基点で問い明かすものであり、新たなるART基点を所有しているにあります。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。