本堀雄二 風神雷神

  • 印刷する
会 期
20131019日 -  20131116
開催時間
11時00分 - 19時00分
クリエイター在廊

10月19日
入場料
無料
この情報のお問合せ
NANZUKA
情報提供者/投稿者
開催場所
NANZUKA
住所
〒150-0002 東京都
渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
最寄り駅
渋谷
電話番号
03-3400-0075

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

このたび、Nanzuka は、本堀雄二の個展を開催いたします。本展において、本堀は使用済みの段ボールや包装紙、プラスティック製の容器の蓋などを用いて大掛かりな新作のインスタレーションを発表いたします。これまで、当ギャラリーでは白金アートコンプレックスとアートフェア東京において開催された山下裕二キュレーションよる二度の『シャッフル展』への参加に携わってきましたが、本展がギャラリー初個展となります。

本堀雄二は、1958年に兵庫県神戸市に生まれ、愛知芸術大学の彫刻科を卒業した後、長く地元神戸にて芸術大学を目指す若者の指導にあたりながら、地道に作家活動を継続してきました。その作品が注目されるようになったのは、2009年の神戸ビエンナーレ及び、2010年に東京京橋にあるINAXギャラリーで開催された個展において段ボールで作られた仏像を発表してからのことです。

本堀の仏像は全て使い古しの段ボールからできています。その仏像は正面から見ると透過しているようであり、横から見ると段ボールの断片が立体的に浮かび上がります。本堀は木や紙、新聞、牛乳パックなど、私たちが日常生活の中で消費した物が再生されることに重要な意味を見出しています。それは環境問題やリサイクルといった言葉で語られるものではなく、仏教の輪廻転生などの概念に近いものだと、本堀は語っています。本堀は、阪神大震災を経験して以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になり、身近に手に入り加工も簡単な段ボールという素材に辿り着きました。用途を終えた段ボールから人々が崇める神仏を作りだすというギャップに、本堀の作品の強さと尊厳があります。

本展示は、俵屋宗達の風神雷神図を再現した巨大なインスタレーション、また十二神将と四天王をシリーズで制作した小品の仏像群、そして阿修羅像から構成される予定です。

関連情報

オープニングレセプション 10月19日(土)18:00 − 20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。