エクトール・ソニエ 銅版画展

  • 印刷する
会 期
20130917日 -  20130929
開催時間
11時00分 - 19時00分
日祝は17時迄
休み
会期中無休
クリエイター在廊

9月17日(火)・18日(水)21日(土)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-6311-5380
e-mail: info@yart-gallery.co.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 1936年アルゼンチンに生まれ、1956年から60年に掛けブエノスアイレスで建築学や色彩論、
色彩構成法を学んだエクトール・ソニエは61年渡仏、S.W.ヘイターが興した「アトリエ17」に
入門。ヘイターは一版多色刷技法を研究していた。この工房で版画制作をしていた作家の中には
ミロ、エルンスト、タンギー、ダリがおり現代版画制作への熱気にあふれていた。1988年
ヘイター亡き後、工房の活動をエクトール・ソニエが「アトリエ・コントルポアン」と名付け
継承した。

 エクトール・ソニエの一版多色刷技法の作品は、透明感のある鮮やかな色彩の重なりが自由に動き回る。
「私はピュア・インクしか使わない。インクをあらかじめミックスしておくことはない」とソニエは述べている。
一版の上にインクの硬軟、刷るローラーの硬軟で生み出される美しく響き合う光彩を引き締める鋭いビュランの
刻線はソニエしかできないもうひとつの芸術である。

 「アトリエ・コントルポアン」は世界各国から遣ってくる作家や研究生の実験工房である。
70年代より現在に至る迄、多くの日本人作家も研鑽を続けている。この会期中
ソニエ氏が在廊されるので最近作をご覧になるとともに、世界を魅了している現代版画の開拓者とぜひ接触して下さい。
出品30点余。 

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。