高山 夏希  Natsuki Takayama Exhibition

  • 印刷する
会 期
20130831日 -  20130928
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
日・月・火・祝
入場料
無料
この情報のお問合せ
KOKI ARTS
情報提供者/投稿者
開催場所
KOKI ARTS
住所
〒101-0031 東京都
千代田区東神田1-15-2 ローズビル1F
最寄り駅
馬喰町
電話番号
03-3865-8650

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度、KOKI ARTSでは高山夏希の初個展を開催致します。本展では、高山がこれまで制作した中で最も大きい(幅4メートル)作品を含む新作を展示致します。

高山の作品に描かれているものの多くは、人間のようにも動物のようにも見えます。鑑賞者は、そのどちらにでも見える「生き物」を目にしたとき、今まで見たことの無いようなものに出会ったときに感じる感覚と似たものを覚えることでしょう。動物好きである高山自身の体験を元に制作されているこれらの作品は、アクリル絵具を緻密に使用しており、まるで刺繍かビーズで出来ているかのようにも見える一方で、生々しさも感じられます。

本展は高山夏希の初個展ですが、過去に、「ワンダーシード2011」(東京ワンダーサイト渋谷)、「ぞっこんの法則」(アートラボはしもと)、「UNKNOWNS 近藤昌美セレクト」(藍画廊・ギャラリー現)などのグループ展に多数参加しています。

[ステートメント]
人間が人間以外の動物にみえる瞬間や、動物が人間に見える瞬間、人間が愛玩動物にたいしてうえつけている人格などに関心があり、また動物の生体の中にある人間と重なるものなどをモチーフに制作をしてきた。

今回、今までで一番大きいサイズの大作「camel rider 2013」では人間と動物との関係や立ち位置を探りながら制作した。今までは自分と身近な動物に焦点をあててきたが、今回は風土が全く違うが、他人事と思えないように思えたモンゴルのラクダとラクダに乗った人の写真をもとに制作をした。

中国の何千年前の完全にのこっているミイラをみた体験をきっかけに、これは人がつくったものなのではないか、また、自分自身が美術作品をみたときに感じることに近い感覚になった。そこから絵画の可能性について再考しながら、自分の作品を通してみたことのない生き物に“出会った”感覚になってほしい。というおもいを込めて制作している。また、ポンペイのペスピオ火山の噴火によって残っている人間の剥製をみて、そこに魂はないが、生死の一瞬の確かな“かたち“がのこっていたこと、自分のアイデンティティをたどっていくと、そういったものに惹かれている自分がいる。そのような意識で画面の中にいきものを立ち上げているのである。
                                                                          高山夏希

関連情報

オープニングレセプション:2013年8月31日(土) 18:00−20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。