いのちの数だけ・・・可南つちびと展

  • 印刷する
会 期
20130903日 -  20130915
開催時間
11時00分 - 19時00分
日曜日は17時迄
休み
月曜休廊
クリエイター在廊

13時〜19時
9月3日(火)・4(水)・5(木)・7(土)・8(日)・10(火)・11(水)・13(金)・14(土)・15(日)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-6311-5380
e-mail: info@yart-gallery.co.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

陶の人形を「つちびと」と自ら名付け制作をつづけている、陶芸家の可南さん。
人形・人の形ではなく「いのちの」かたち、「心の」かたちを表現したいと思って制作しています。
ワイアートギャラリーでの4回目の開催の今展では、新しい試みとして、いままであまり用いな
かったパステル調の「色」をつかった「虹ねこ」を作りました。
 昨年から今年にかけて愛猫を立て続けに見送った可南さん。「虹ねこ」制作のきっかは「虹の橋」
というペットに先立たれた動物愛好家に広く知られているアメリカが発祥の詩に心打たれたからです。
亡くなった動物たちの魂が、虹の橋のたもとで彼等の飼い主が世を去った日に、この場所で再会し、
虹の橋を共にわたって、天国へ入って行くと詠われています。
 亡くした動物との再会を願う飼い主たちのこころを想い、彼らから与えてもらった喜びに感謝
しつつ「虹ねこ」は作りました。
 このたびは老人と子供、父親と子供など心もようをかたちにしにくい作品に挑戦しました。
ご覧になる方々の心に響く作品であればと願っています。 35点余出品。

可南 略歴
1953年生まれ
1987 愛知県岡崎市にて陶芸と出会い、器を中心に創作開始
1996 大阪に戻り、自ら『つちびと』と呼ぶ陶人形作りに専念
1998 岸和田市展文化協会会長賞を受賞
2002 家庭画報大賞審査員特別賞を受賞
初個展『土の羽』開催
2003  有馬御所坊のギャラリーにて アクセサリー個展開催
2006  梅田阪急三番街ウインドギャラリーにて「優しい対話」展
 つちびと25体を詩とともに展示する ~2011年迄
2007  マリア書房「瞳」15号に掲載
2008、2010、2012  大丸神戸店くらしのギャラリーにて展示会
2010~2013 ぎゃらりいホンダ個展
2010~2013 ワイアートギャラリー個展

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。