アートスペース油亀企画展「うつわ大百科 ―うつわの世界、まるわかり!―」

  • 印刷する
会 期
20130831日 -  20130908
開催時間
11時00分 - 19時00分
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

展覧会内容

古今東西。
全国津々浦々。
日本各地には、様々な「うつわ」があります。

備前、唐津、信楽、丹波、越前、瀬戸、常滑。
はるか昔より、焼き物の産地として栄えてきた場所がある一方。
今は、産地に限定されない、オリジナルの焼き物もたくさんあります。

また、うつわ作りの技法も、多彩です。
粉引、刷毛目、三島手、象嵌、鎬、スリップウェア、イッチンetc。
作り手たちは、いろいろな技法を駆使して、うつわを世に生み出します。

焼き物の歴史や技法もふまえて、うつわに向かい合ったとき。
それまでとは違った魅力が発見できるのではないか。
今回の「うつわ大百科」は、そんな油亀スタッフの思いから生まれました。

焼き物の歴史や技法は、専門用語が多くて、とっつきにくい。
そんなイメージを覆します。
今回の案内役、かめおくんが、優しく説明しちゃいます。

うつわのこと、まるわかり。
徹底解剖!
「うつわ大百科」にきたら、あなたもうつわ博士になれるかも??

うつわのこと、徹底解剖。

備前焼は、ビールが美味しくなるっていうけど、ほんと?

備前焼の、緋だすきって、どういう意味?
灰釉と鉄釉は、何が違うの??
亜鉛華結晶って、どういう技法?
染付っていつからあるの?
染付に描かれている絵には、何か意味があるの??

うつわをみていると、いろんな謎が湧いてきます。
その謎が解けたなら。
うつわがもっと愛しくなるかも!

うつわ大百科では、実際に作り手たちが生み出したうつわとともに。
その謎を解き明かします!

コップ、ゆのみ、そばちょこ、ぐい呑み、タンブラー、マグカップ、豆皿、小鉢、飯碗、大皿、ピッチャー、オブジェなどなど。
約600点のうつわとともに、うつわの謎を解き明かす旅をお楽しみください。

※会期中には作品の展示替えもございます。

※出品作品はすべて展示販売いたします。

■参加作家<陶磁器・ガラス>

工藤和彦:北海道、馬渡新平:秋田、今野安健:山形、寺村光輔:栃木、矢尾板克則:新潟、前田美絵:埼玉、大隈美佳:神奈川、喜多代京子:神奈川、安江かえで:神奈川、松塚裕子:東京、加藤祥孝:岐阜、日高伸治:岐阜、田村文宏:愛知、林拓児:愛知、山本泰三:滋賀、八木橋昇:滋賀、古谷浩一:滋賀、八田亨:大阪、叶谷真一郎:兵庫、白神典大:岡山、高力芳照:岡山、藤田祥:岡山、細川敬弘:岡山、岡美希:広島、タナベヨシミ:福岡、柳忠義:福岡、吉田崇昭:福岡、江口香澄:福岡、江口誠基:福岡、松崎芙美子:福岡、水垣千悦:大分、井上尚之:熊本、梅田健太郎:熊本、五嶋竜也:熊本、許斐良助:熊本、末石昌士:熊本、間美恵:熊本、細川護光:熊本、眞弓亮司:熊本、木ユウコ:熊本、肥後仁美:大分、肥後博己:大分、他、油亀の所蔵作品を中心にご紹介いたします。

関連情報

「うつわ、ぐるっとひとめぐり」
うつわの謎を解き明かすクイズに挑戦!
油亀のなかに展示されたうつわが、謎を解き明かす鍵を握っています。
油亀をぐるっとひとめぐり、すべてのクイズをおえたら、あなたはうつわ博士!

期間中は毎日開催。参加費無料
すべてのクイズに正解された方には、10月に開催する「カレーのためのうつわ展」にてお使いいただける「油亀特製カレー割引券」をプレゼント!詳細は油亀のウェブサイト、Facebookにて発表いたします。

期間中は毎日。「夏の果実☆油亀特製スムージー」 5ooyen
夏のくだものがつまったアイスドリンクの登場です。
陶芸家のうつわでお楽しみいただけます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。