吉田初三郎鳥瞰図展 大正・昭和に描かれた観光パノラマ絵図

  • 印刷する
会 期
20130724日 -  20130901
開催時間
9時00分 - 18時00分
クリエイター在廊
入場料
有料
一般310円(250円)、高校・大学生150円(120円)、中学生以下無料、障がいのある方は免除。
※上記金額で常設展も観覧できます。( )内は20名以上の団体料金。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
017-777-1585 青森県立郷土館
情報提供者/投稿者
開催場所
青森県立郷土館
住所
〒030-0802 青森県
青森市本町2-8-14
最寄り駅
青森
電話番号
017-777-1585

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

大正から昭和にかけて活躍した吉田初三郎は、鳥瞰図の技法を採り入れた観光パノラマ絵図で一世を風靡しました。本企画展では、当館が平成23年度に購入した初三郎の鳥瞰図・絵葉書、および金子常光の鳥瞰図あわせて約300点を展示します。

吉田初三郎 (1884~1955)

彼は、昭和30年に没するまで、各地の鉄道沿線や都市などの観光パノラマ絵図を描いた画家です。彼の作品の多くは、上空から斜め下を見下ろす視点で描いた絵地図(=鳥瞰図)であり、印刷されて多く出回り、沢山の人に親しまれました。初三郎が製作した鳥瞰図は1,600点を超えるとも言われ、現在でも多くの愛好家がいます。

初三郎の鳥瞰図

彼は、実際に現地に出向いて描いた多くのスケッチをもとに、各地域の風景を、持ち運びやすいコンパクトな鳥瞰図にまとめあげました。
 彼の絵図は、実際の景色に大胆に手を加え、名所を大きく見せるなどなどして見る人の目を楽しませる工夫をしています。それでいて、道路や鉄道など、観光旅行をするのに便利な情報が一目でわかるように作られています。彼の製作した鳥瞰図の多くには、裏に観光案内などがあり、旅先で役に立つだけでなく、読むだけでも楽しめる内容になっています。

関連情報

講演会「吉田初三郎と青森県」
講師:種差観光協会会長 柳沢卓美氏
日時:2013年8月11日(日)13時30分から
場所:青森県立郷土館小ホール
※聴講無料、事前の申込みは必要ありません。

主催・協賛・後援

主催:青森県立郷土館
共催:東奥日報社

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。