小勝負 恵 展 [Blind house]

  • 印刷する
会 期
20101207日 -  20101226
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊

12/11(土)
この情報のお問合せ
Yoshimi Arts Tel.06-6443-0080 E-mail. info@yoshimiarts.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Yoshimi Arts
住所
〒550-0002 大阪府
大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル3F
最寄り駅
肥後橋
電話番号
06-6443-0080

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度、Yoshimi Artsでは、今回が初個展で20代の新進作家小勝負恵の個展を開催致します。 小勝負恵は、自身が関わる身近な社会や関心のある社会の現象に問題意識を持ち、風刺的な視点を持って観察し、それらの事象を蓄積してきました。今展では、独自の表現方法で制作した作品を発表致します。
わが国では、テレビから連日のように幼児虐待、子供による親への殺人、年金取得の為に親の死を黙殺、無理心中等のニュースが流れ、血縁同士の殺戮が日常化する形相です。家族は、コミュニティーの中で最も小さな単位で、人間が一番初めに直面する社会です。私たちは、社会生活において隣人との関係性が希薄化し、隣人に何か事件が起こった場合、そこに至るまでの経緯を結果でしか伺い知ることが出来ません。 またこの国が深刻なのは、それらの事件に対しさして誰も掘り下げて問題や対策を議論することもなく、解決しないまま何事もなく日常が進み、自分たちの社会に深刻な出来事が起こっている意識さえ存在しないと思える事です。ある作家が、「経済や科学や医療の進歩を研究者がどんどん進めていった場合、社会の人全てが手放しでハッピーになるわけではない、そこで美術家は作品を通し世界に問題を提議する必然、義務があるのではないか」という趣旨の事を言われたのを痛切に記憶しています。
小勝負が、今展示で制作するBlindシリーズは、ここ数年頻繁に起こる児童虐待や育児放棄などの家族問題と問題に対する意識化がテーマになっています。社会の問題や現象を問題提議するために、鑑賞者が単に鑑賞するに留まらず、鑑賞者自身が実際に作品である窓を開け、作品に関わり体感する事で初めて完成する作品です。
今展では、4連作品「Blind house」と「a Blind bud」タイプ6点を出品発表致します。是非この機会にご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

関連情報

作家在廊日:12/11(土)
アーティストレセプション:12/11(土)18:00-

主催・協賛・後援

Yoshimi Arts

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。