特別展 皇室のボンボニエール -ご慶事を彩る菓子器-

  • 印刷する
会 期
20130727日 -  20131006
開催時間
10時00分 - 18時00分
(入館は17時30分まで)
休み
月(祝日の場合、翌日火曜日)
入場料
有料
一般1000円(800円)、学生800円(600円)
※( )内は20名以上の団体料金
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
細見美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
細見美術館
住所
〒606-8342 京都府
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
最寄り駅
東山
電話番号
075-752-5555

詳細

展覧会内容

今回ご紹介する「ボンボニエール」は、フランス語でボンボンと呼ばれる砂糖菓を入れる菓子器のことです。
 これらは天皇のご即位をはじめ皇室・宮家の慶事のたびに、金平糖の詰められたボンボニエールが祝宴の記念品として招待された人々に贈られてきました。
 本展は、当館で開催した「典雅なる御装束」展(2011年)に続き、特に皇室の慶事の記念に作られた様々なボンボニエールを通して、一般にはなかなか目に触れる機会の少ない宮中文化の一端を紹介します。またとないこの機会に銀製の小さな箱に込められた雅な意匠、工芸の粋をご観賞ください。

[ボンボニエールとは]
 天皇または皇室が催された饗宴の際にはいつの頃からか記念品として列席者に贈られてきた銀製の小さな箱。金平糖かそれに近いものを収めることを想定して作られたようで、さまざまな形がある。
[尚、皇室の饗宴で遣われてきた銀製の記念品「ボンボニエール」の呼称が公的に表現されたのは、平成3年(1991)に上梓された秩父宮妃殿下の著書『銀のボンボニーエル』(主婦の友社)による。]

関連情報

□スペシャルギャラリートーク
 講師 扇子 忠氏(皇室研究家)
 7月27日(土) 14:00~
 7月28日(日) 14:00~
 9月28日(土) 14:00~

主催・協賛・後援

主催:細見美術館、京都新聞社
協力:扇子忠氏(皇室研究家)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。