小林美香が読む~写真のバックストーリー

  • 印刷する
会 期
20130724日 -  20130803
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ときの忘れもの
Tel:03-3470-2631
E-mail:info@tokinowasuremono.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ときの忘れもの
住所
〒113-0021 東京都
文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
最寄り駅
駒込
電話番号
03-6902-9530

詳細

展覧会内容

2007年から2008年にかけてアメリカに滞在し、ICP(国際写真センター)及びサンフランシスコ近代美術館で写真展の企画や写真研究に従事した小林美香さんは、膨大な写真作品の実物に触れ、古今内外の文献を渉猟し、写真を「読みとく」力を発揮してきた気鋭の写真研究者です。
ときの忘れものでは2011年10月から今年2013年4月にかけて「小林美香が読む~写真のバックストーリー」と題したエッセイをブログで全33回にわたり書き下ろしていただきました。
http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/cat_50031915.html

エッセイの内容は、ときの忘れものの写真コレクション及び企画展の出品作品の中から1点ずつ取り上げていただき、その写真が撮られた背景や、写真画面の構図、また、その写真が意図していることなどを一つ一つ丁寧に読み解いてくださいました。
エッセイはときの忘れものブログでご覧になれます。
取り上げていただいた写真はいずれも写真史に残る名作ですが、本展では、その中から12点を選び、写真とエッセイを一緒にご覧いただきます。
名作の裏の隠されたエピソードをお楽しみください。

出品作家:ヘルベルト・バイヤー、マニュエル・アルヴァレス=ブラーヴォ、ルイス・キャロル、ウィージー、ベッティナ・ランス、ラルフ・スタイナー、ジョエル=ピーター・ウィトキン、イリナ・イオネスコ、ヘレン・レヴィット、ピーター・ビアード、ウィン・バロック、ジョナス・メカス

関連情報

●イベントのご案内
8月3日[土]13時より小林美香さん(写真研究者)を迎えて、ギャラリートークを開催します(要予約/参加費1,000円)。
参加ご希望の方は下記メールアドレス宛にお名前、メールアドレス、電話番号を明記の上お申込ください。
折り返しお返事をいたします。
定員になり次第、受付を終了しますのでお早めにご予約ください。
E-mail:info@tokinowasuremono.com

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。