吉仲太造 「 1960-1980 回顧 VII 」

  • 印刷する
会 期
20130723日 -  20130803
開催時間
11時00分 - 18時30分
休み
日・月・祝日休廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
FUMA CONTEMPORARY BUNKYO ART
情報提供者/投稿者
開催場所
Fuma Contemporary Tokyo | Bunkyo Art
住所
〒104-0042 東京都
中央区入船1-3-9 長崎ビル9F
最寄り駅
八丁堀
電話番号
03-6280-3717

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

1960年日米安保条約改定、第二次世界大戦後三十数年の間に社会、文化は広範囲にわたり急激な変化を遂げてきました。美術においても従来の美術の概念そのものに大きな変化があらわれ、読売アンデパンダン展を機に独自の新しい表現領域の追及が始まった。吉仲太造は1955年岡本太郎の招きで、二科九室会に参加した。その頃は鮮明な色彩によって機械、物質や生き物のせめぎあいをダイナミックに表現している。

1959年二科会を退会後、表現は一変し、吉仲の表現探求は、生きものから物質へと注がれる。1961年国立近代美術館「現代美術の実験」展ではボタン、カミソリの刃や新聞紙をコラージュした抽象的構成の作品を展示している。1962年-’63年には集団α展(末松正樹、馬場彬、村上善男ら)を開催、数本の釘を組み合わせ綿でとめ、これを単位として配列構成する仕事を発表した。「何も描かれていないもの、作られていないものでありながら、はっきりと存在をしめしているもの、従来の絵画とは異なったもの」を目指した吉仲の問題意識は、もの派の問題設定とさほど遠くなく、むしろ先行しているとも考えられる。ネオ・ダダ的表現ではあるが、新聞紙の株式欄と不動産欄のみをコラージュした作品は、とても特異で美術史上においても異彩を放っている。吉仲は約40年間の画業の中、日本人アーティストには珍しく次々と表現方法を変えたが、それは絶えず社会やアートに問題意識を持ち、真摯に向き合っていたからといえる。今展では1960~1980年代の作品を中心に、吉仲の変貌の軌跡に時代の移り変わりを読み解く展示となる。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。