大田黒 衣美 個展 不知火の水まくら

  • 印刷する
会 期
20130713日 -  20130810
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
日・月
入場料
無料
この情報のお問合せ
青山|目黒
情報提供者/投稿者
開催場所
青山 | 目黒
住所
〒153-0051 東京都
目黒区上目黒2-30-6
最寄り駅
中目黒
電話番号
03-3711-4099

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度KAYOKOYUKIは、大田黒衣美の初となる個展『不知火の水まくら』を、青山|目黒にて開催いたします。

大田黒衣美は、生活をする上で身近な大量生産品から、独自の物語を紡ぎ出します。チューイングガム、ビニールシート、テーブルクロス、トタン板など、かつての誰かが道具としてあみ出した日用品から、その多様性や特性を抽出し、ドローイングなどを加えることによって作品へと変換させます。
また、コラージュ作品の素材として使われるウズラの卵の殻には、産卵直前に親鳥の体内の色素を使って印刷された模様が付いており、これが保護色となって外敵から身を守る機能を果たしています。同じ鶉からは同じ模様の卵しか生まれない、人間でいうところの指紋のような特異性があると言われ、大田黒はこれを、“個々のウズラが外界を描いた風景画”と捉えた上で一度バラバラにし、新たな存在を描く道具として扱っています。
「時間を経ても本質的な価値が変わらない、ある種 無機質な物達の存在には、ウズラの卵の模様にも感じるような逞しい包容力がある。」と大田黒は話しており、個人が内包している未形で茫洋な存在と外界とが通じる為の想像の受け皿として、素材は選択されています。

初個展となる本展は、新作のトタン板の作品をはじめ、2008年からスタートしたチューイングガムのシリーズ、ウズラの卵のコラージュ作品の、3つの異なるアプローチによる作品群を一同にご体験頂ける貴重な機会となります。それぞれの作品で展開される物語には、私たちの根底と緩やかに繋がる可能性が用意されています。
ぜひとも足をお運びください。

関連情報

■オープニングレセプション 7月13日(土) 18:00~

■トークショー
 7/25(木)19:00 ~
 ゲスト:岩永 忠すけ(画家)
     大野 智史(アーティスト)
     大田黒 衣美

主催・協賛・後援

会場・協力:青山|目黒
デザインワーク:CRAFTIVE
企画:KAYOKOYUKI

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。