日本の絵 三瀬夏之介展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20130713日 -  20130916
開催時間
9時30分 - 17時00分
入場は16時30分まで
7/27から9/8は、9時30分~18時00分(入場は17時30分まで)
休み

7月15日(月・祝)、9月16 日(月・祝) は開館、翌火曜休館
クリエイター在廊

7月13日、7月20日、7月21日、9月7日
入場料
有料
一般200(140)円 高大生100(70)円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
※65 歳以上で、平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金
この情報のお問合せ
平塚市美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
平塚市美術館
住所
〒254-0073 神奈川県
平塚市西八幡1-3-3
最寄り駅
平塚
電話番号
0463-35-2111

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

日本画の素材や手法にこだわりながら、絵画の多様なありかたを模索する三瀬夏之介の「日本の絵」を紹介します。

 本展では、三瀬夏之介の近作・最新作を中心に大学卒業制作を含めた約30点により、その表現を紹介します。
 三瀬は1973年、奈良に生まれ、1999年に京都市立芸術大学大学院を修了。その後、奈良の高校で教鞭をとりながら制作を続け、現在は山形市にある東北芸術工科大学の准教授をつとめています。
2009年にはVOCA賞を、2012年「第5回日経日本画大賞」で選考委員特別賞を受賞するなど、近年とくに注目を集める日本画家です。
 その作品は、墨を主体とする日本画の素材と手法を用い、和紙の断片をコラージュ風に継ぎ足していくという制作方法を特徴としています。モチーフに空想の産物・現実の自然・伝統的に描かれてきた景物など様々なイメージを取り込み、ときに幅10メートル以上に及ぶダイナミックな画面をつくりあげます。また、自らの住む場所とその歴史、自身の記憶などと不可分に結びついたテーマで作品を描いてきました。
 三瀬は、奈良からみる日本、山形で描く日本画というように、時代や地域、見る人により、日本画のあり方は変わるはずであると考えています。そうした「日本」や「日本画」の多様性を、複雑なままに画面に定着させようとする作家の試みを「日本の絵」と題して展示します。

関連イベント

■作家との対談①
 日時:7月13日(土) 14:00~15:00 
 講師:三瀬夏之介氏・小金沢智氏(世田谷美術館学芸員)
 場所:展示室Ⅱ ※(要観覧券)
■作家との対談②
 日時:9月7日(土) 14:00~15:00 
 講師:三瀬夏之介氏・内藤正敏氏(写真家)
 場所:展示室Ⅱ ※(要観覧券)
■アーティストトーク
 日時:7月20日(土)14:00~15:00
 講師:三瀬夏之介氏
 場所:展示室Ⅱ  ※(要観覧券)
■ワークショップ「水墨でマンガにチャレンジ!!」
 日時:7月21日(日)13:30~16:30
 講師:三瀬夏之介氏
 対象・人数:中学生~一般・20名
 場所:アトリエB  ※(要申込み)

■同時開催
 「はじめての美術 絵本原画の世界2013」 
 7月27日(土) ~ 9月8日( 日)

主催・協賛・後援

主催:平塚市美術館、日本経済新聞社
助成:公益財団法人花王芸術・科学財団

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。