後藤鐵郎 写真展 West Coast 1980〜

  • 印刷する
会 期
20130709日 -  20130721
開催時間
13時00分 - 19時00分
最終日17:00まで
休み
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Bloom Gallery
情報提供者/投稿者
開催場所
ブルームギャラリー
住所
〒532-0025 大阪府
大阪市淀川区新北野1−11−23 ハイム北野 B103
最寄り駅
十三
電話番号
06-7171-9849

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

後藤鐵郎は、関西を中心に広告、海外ロケ、取材撮影で活躍する写真家です。
本展では、1980年代、当時流行っていたロードムービーに憧れ、アメリカ西海岸へ渡った際に撮影したモノクローム写真を展示販売いたします。
撮影から30数年が過ぎた今だからこそ、かえって新鮮にも思える当時の街並みや人々の様子を是非ともご堪能ください。

書籍販売:あり『KENJI HIRASAWA PORTRAITS(発行:リブロアルテ)』
[作家コメント]
1980年春、4年間の東京での写真修行のあと故郷大阪で仕事を始めるまで2ヶ月のブランクをつくった。
アメリカ西海岸をひとり車で走り、B/W film Tri-Xで写真を撮るためだ。
『イージーライダー』『バニシングポイント』『スケアクロウ』『ブリット』などのロードムービーが盛んな時代、以前から憧れていた旅だった。

サンフランシスコでレンタカーを借り、ロサンゼルスまで
街を、人々を、ハイウェイの左右に広がる風景を2週間かけてモノクロームフィルムに収めた。
まだまだ、いわゆるアメ車と呼ばれた大型車ばかりが走っていた時代。
実際は、街も、人々も、どこか寂しげな印象を与えた。
ベトナム戦争敗戦から5年経っていた。

かつて学園紛争・バークレー暴動の舞台となったカリフォルニア大学バークレー校、
ジャズフェスティバルが有名なモントレー、海岸沿いのCalifornia State Route1 をひた走り、
ロサンゼルスへ、そしてラスベガス、サンディエゴへと。
撮影したフィルムは、その後の日常の生活の中に封印したまま30数年が過ぎた。
今また新たにプリントしたことにより、
80年代のアメリカ西海岸の光が新たな命を得る機会を得た。

関連情報

オープニングパーティー:7/13(土)17:30-20:00
野菜研究家のChieさんがフードを担当。
ChieさんのWEBサイト http://chieandhiro.com/blog/

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。