寺脇 扶美 展 「come and go」

  • 印刷する
会 期
20130705日 -  20130717
開催時間
12時00分 - 22時00分
最終日は17:00まで
休み
この情報のお問合せ
gallery near  075-708-8822
情報提供者/投稿者
開催場所
cafe dining near
住所
〒606-8227 京都府
京都市左京区田中里ノ前町34-2 珠光ビル百万遍B1F
最寄り駅
元田中
電話番号
075-708-8822

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

「価値・視点・認識」「自立・関係」「描くこと」を考察し、主に日本画材を用いて平面作品やインスタレーション作品を制作しています。日々の何気ない瞬間の中にも様々なチャンスがあると考え、作品を通して既存の世界に対する再考と新しい世界の創造を目指しています。

『come and go』と題した今回の展覧会では、絵画を通したイリュージョンと現実の行き来をテーマに据え、新作中心に発表いたします。流動し続け二項対立が曖昧になっていく、その中で沸き上がってくる個別的で美的な体験を楽しんでいただければ幸いです。
                                                            寺脇 扶美

2013年7月5日(金)から7月17日(水)までの12日間、gallery nearにて、寺脇 扶美 展「come and go」を開催いたします。
寺脇は、金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科絵画専攻日本画コース在籍時から日本各地で開催されるグループ展や公募展に積極的に出展し、注目を集めてまいりました。近年では、Daegu Art Fair2012 EXCO(韓国・大邱)や、Hong Kong Contemporary ‘13(The Excelsior・香港)といった、現代アートシーンでも注目を集め活性化する、アジア圏内のアートフェアに多数出展するなど、日本だけでなく、世界に向けても活動の幅を広げており、今後が大いに期待される作家の一人であります。

寺脇は主に日本画の素材・技法を用いて、一見、ファブリックパネルを彷彿とさせる非常にデザイン的な画面を表出します。果物をモチーフとしたキャッチーな画面には、ドットやストライプといったポップな装飾が描かれつつも、そこに佇む有限であるモチーフの哀愁が内包され、緊張と緩和が絶妙に配された世界観を生み出しております。寺脇は作家活動を本格化させる以前に貴金属メーカーでジュエリーデザイナーとしての勤務経験もあることから、1つの画面における構図や配色に洗練されたデザイン的な印象を醸し、そこに日本画材独特の質感とポップなイメージを持つモチーフを掛け合わせることで、現代的でありながらも伝統的な美意識を感じさせる画面を表出します。

寺脇は、《日常に存在するあらゆるものに境界は存在せず、目に見えているものだけでなく、可視化・言語化・数値化などができない、更に言えば認識すらできないものまでも含めて、それぞれが価値を持ち、常に流動的に存在している》とし、その思想から、あるモチーフを画面に落とし込む作業は、モチーフのみを対象とするのではなく、モチーフが存在している空間に内包される全ての事象を描き出していると言えます。寺脇にとっての「既存の世界」とは、自身がモチーフや作品と対峙する時間、それらを取り巻く環境(画材・素材・モノ・空間・空気・天候・時など)、そして、自分自身の思考や感情までもを指し、すなわち、世の中に存在し、認識されているもの全てを「既存の世界」として捉えております。制作時におけるそれら「既存の世界」の言葉にできない感覚が、モチーフと寺脇との間を行き来する事で、ポジティブな「新しい世界」を創造しようとしております。

本展は、2013年に制作された新作を中心に、過去作品も交えた大小様々な作品で構成されます。目まぐるしく変化する現代社会において、日々生活することに追われがちな我々は、そこにあるものが当然のように存在し、考察することもままならない
まま、時間だけが過ぎ去っているような感覚を覚えます。寺脇は描くという行為をもって、過ぎ行く時間、事象を、鮮度を保ちながら繋ぎ止めようとし、それら繋ぎ止められた世界を鑑賞する我々は、画面の表層上にあるものだけでなく、描かれていないもの、描けないものを意識することにより、寺脇が目指す「新しい世界の創造」を垣間見ることができるのではないでしょうか。今、作品と対峙しているこの瞬間にも、作品とこの空間を取り巻くすべての瑞々しい存在によって、新しい世界への扉が今にも開かれようとしているのであります。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。