藤山貴司展 -闇と光と交錯 その彷徨と回顧-

  • 印刷する
会 期
20130921日 -  20131201
開催時間
9時30分 - 17時00分
入場は16:30 まで
休み
毎週月曜日( ただし9 月23 日(月・祝)、10 月14 日(月・祝)、11 月4 日(月・振)は開館、9 月24 日(火)、10 月15(火)日は休館)
入場料
有料
一般200(140) 円、高大生100(70) 円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
※65 歳以上で、平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金
この情報のお問合せ
平塚市美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
平塚市美術館
住所
〒254-0073 神奈川県
平塚市西八幡1-3-3
最寄り駅
平塚
電話番号
0463-35-2111

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 藤山は1950年長崎県生まれ。創形美術学校を経てパリ国立美術学校に入学し、サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メ展に出品。帰国後は座間市に住み、神奈川をはじめ東京、長崎で個展を開催しています。1980年代、流木やウレタンなどの幅広い素材を用
いた《視つめられる物と触れる者のゆらぎ》シリーズを経て、1990年代には市販のバインダーや木片などのオブジェをコラージュした作品を連作し、やがてパフォーマンスやインスタレーションへと展開します。
 1985年以降ドリームランドモノレール大船駅をアトリエとした活動を進め、「オルタナティヴ・アート・スペース・モノレール大船駅」として92年まで共同経営。1989年以降、白州夏フェスティバルにインスタレーション作品を発表するほか、90年代には、木炭やアクリル絵具、コンテなどを用いた平面作品を制作。世界各国の言語をアルファベットでびっしりと書いた上に、簡略化したかたちでウサギや人体、食器や果実を暗示的に描き、普遍性のある世界観を表現した作品群を描きます。
また創形美術学校校長として美術教育にも積極的にかかわりました。
 本展では、初期から晩年にいたる代表作約50点により、藤山貴司の多彩でスケールの大きな作品を紹介します。

関連情報

■学芸員によるギャラリートーク
 開催日:10 月20 日( 日)、11 月3 日( 日)、11 月17 日( 日) 各回14:00 ~ 14:30
 場所:展示室Ⅱ ※(要観覧券)
■ワークショップ
 開催日:11 月24 日( 日)13:30 ~ 16:30
 講師:藤山麻美氏( 藤山貴司夫人・画家、ART FORUM 総合 COLLEGE 代表)
 場所:美術館アトリエおよび展示室 Ⅱ
 ※内容などの詳細は後日平塚市美術館ホームページなどで発表します。

■同時開催 友好都市提携記念特別展 伊豆市コレクションによる  天才たちの若き日-横山大観から速水御舟まで
(10 月12 日( 土) ~ 11 月24 日( 日))

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。