川島清展 水量Ⅵ

川島清展 水量Ⅵ (ギャルリー東京ユマニテ 2010/11/1-11/27)
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20101101日 -  20101127
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    休廊:日・祝日
    クリエイター在廊
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ  03-3562-1306
    情報提供者/投稿者
    poster
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    川島清1951年生まれ。'83年に東京芸術大学大学院美術研究科彫刻後期博士課程を満期退学。1986—'88年にAsian Cultural Council の助成を受けて渡米。P.S.1 プロジェクト(ニューヨーク)に参加。1993年に川島清「内層の視点— Observation」いわき市立美術館。「90年代の日本— 13人のアーティストたちの提言」(ローマ市立フォルクローレ美術館、デュッセルドルフ美術館)。 2000年「ART-TODAY 2000— 3つの回顧から」(セゾン現代美術館)に出品。精力的に創作活動を続け、個展を発表の中心としている。2006年いわき市立美術館での「彫刻なるもの— 川島清、土谷武、若林奮の作品から」、2007年熊本市現代美術館での「ATTITUDE 2007 人間の家 真に歓喜に値するもの」に出品。日本を代表する彫刻家の一人として活躍。

    近年の川島の作品は、即物的な物質性を確保し、作品の根幹を成している物質の本源的な質の開示に至り、身体性を通して獲得された作品表面における質の強度と差異を通して、彫刻空間を創り上げている。その質は明らかに物質の始原に向かっている。川島は彫刻の限界性を自覚し、他の誰よりも緊密にその限界性について関わりを持っている。その内容は、円環をなしている終わりのない暗部に入りこんでいることを示しており、それが川島の作品にある種の神秘的なイメージを与えていると思われる。
    今回の出品作は、近年発表している「水量-二胴体」「水量-胴体容」に続く作品となり、全長5mに及ぶ大作となる。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。