ヒロシマ

原爆ドーム 元安川 昭和32年(1957)撮影
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20130619日 -  20130908
    開催時間
    9時00分 - 17時00分
    入館は16:30まで
    入場料
    有料
    一般420円(360円)、高校・大学生 210円(150円)、小中学生 100円(80円)(土日は小中学生無料)
    ※()内は団体料金(20名以上)
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    土門拳記念館 0234-31-0028
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    土門拳記念館
    住所
    〒998-0055 山形県
    酒田市飯森山2-13
    最寄り駅
    酒田
    電話番号
    0234-31-0028

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     「ぼくは、広島へ行って、驚いた。これはいけない、と狼狽した。ぼくなどは「ヒロシマ」を忘れていたというより、実ははじめから何も知ってはいなかったのだ。今日もなお「ヒロシマ」は生きていた。それをぼくたちは知らなすぎた。いや正確には、知らされなさすぎたのである。」(『ヒロシマ』研光社・昭和33年)

     昭和32年7月、初めて広島へ行った土門拳は、原爆の被害を目の当たりにして以後、報道写真家の使命にかられ、憑かれたように広島に通い詰めました。そして原爆病院の患者たちをはじめ、被爆者たちの悲惨な日々、「魔の爪跡」を約7,800コマのフィルムに記録しています。

     13年を経ていまだ原爆症と日々闘う人々、町は復興しつつあっても体や心に残る消えることのない傷、原爆がもたらした憎悪と失意。土門が広島の現実の姿に真正面から向き合い撮影した記録をご覧いただけます。

    関連イベント

    同時開催 土門拳の美学 強く美しいもの(展示室I)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。