恩地孝四郎展

  • 印刷する
会 期
20130625日 -  20130706
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ときの忘れもの
Tel:03-3470-2631
E-mail:info@tokinowasuremono.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ときの忘れもの
住所
〒113-0021 東京都
文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
最寄り駅
駒込
電話番号
03-6902-9530

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

繊細でシャープな抽象作品の数々が、日本における抽象表現の先駆として高く評価されている恩地孝四郎。
彼は、「版画は絵の複製であってはならない」という主張を実践しようと山本鼎たちによって始まった創作版画運動の指導者でした。プロの画家のみならず、アマチュアの多くの人々を巻き込んで全国に波及した版画の創作活動のエネルギーは素晴らしいものでした。
また恩地は日本創作版画協会(1918年)、日本版画協会(1931年)、日本版画奉公会(1943 年)の創立に参加、国画会版画部に属し、戦後の日本版画協会再建(1946年)にあたっても中心的な役割を果たすなど、まさに近代版画の歴史と共に歩んだといえます。本展では、版画、素描、水彩など約20点をご覧いただきます。

■恩地孝四郎 Koshiro ONCHI(1891-1955)
1891年東京生まれ。竹久夢二に感化を受ける。東京美術学校で洋画・彫刻を学ぶが中退。藤森静雄・田中恭吉と[月映]を刊行。萩原朔太郎の詩集『月に吠える』の装幀と挿画を担当、28年『北原白秋全集』の装幀で装本家の地位を確立。抽象画の先駆者、また日本の版画界のリーダーとして大きな足跡を残した。『飛行官能』『海の童話』『博物誌』『虫・魚・介』など優れた自作装画本を刊行した。1955年永逝(享年63)。

関連情報

●イベントのご案内
6月29日(土)17時より、桑原規子さん(聖徳大学文学部准教授/博士(芸文学))を迎えて、ギャラリートークを開催します(要予約/参加費1,000円)。
参加ご希望の方は下記メールアドレス宛にお名前、メールアドレス、電話番号を明記の上お申込ください。
折り返しお返事をいたします。
定員になり次第、受付を終了しますのでお早めにご予約ください。
E-mail:info@tokinowasuremono.com

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。