<Blooming>

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20101025日 -  20101030
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
開廊時間: 最終日17:00まで
この情報のお問合せ
Gallery Q 03-3535-2524
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
Gallery Q
住所
〒104-0061  東京都
中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F
最寄り駅
銀座
電話番号
03-3535-2524

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

【作家紹介】

1970年 韓国ソウル市生まれ。1998年 東京芸術大学 大学院壁画専攻研究過程修了。

李貞恩の壁画のような平面作品は<時-空-物-感>を物語る、色彩本来が発する鮮明な線と単純な形を通して未知の原風景を描く。
「知覚が偶然だと信じる事は実は偶然のではなく、命名できない故、分析され難い生エネルギーの巨大な物語」と李は語る。
本展は6回目の個展<Blooming>で見せる李貞恩の絵画は生命に潜められた意味とあらゆる現象と認識を洞窟壁画の絵文字のように表命す。

【作家コメント】

私は常々思う。
世の中に在る物事は蜘糸の様に、血管の様に不思議な仕組で絡んでいて、
偶々見る表に表れた出来事は真の本体を絶えず隠して姿を消し続けているのだろうと。
頭の中の思考というのを操って、眩しい色と妙な形を<感そのもの>と混じって探って見たら
何だか底の源世界に嵌められた自分を見た。
瞳の内側のどこかで浮き上がってきて、
見るたびに広がってゆく2次元の風景。
そこから現れるもう一つの異なる世界-真実と幻影。
私の作業は今 意味以前の脳のつぶやきみたいな 記号風景を画く事にたどり着いた。
元の意味のコドを 捨てて<感>で会える生命エネルギの力。
ある時、洞窟壁画の絵文字のように目の前に立っている自分の絵を見て<花がさく>と考えた。
花が咲いて、
花が咲いて、
また今花が咲く。

今回個展の題は<Blooming> だ。
徐々に繁殖して押し掛けていく美しき生命エネルギの巨大な物語 . . . . .

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。