飯沼英樹 「カデンツサーカスデカダンス」 Cadence Circus Decadance

  • 印刷する
会 期
20130419日 -  20130523
開催時間
11時00分 - 21時00分
日・祝日11:00~20:00
この情報のお問合せ
hpgrp GALLERY TOKYO 03-3797-1507
情報提供者/投稿者
開催場所
H.P.FRANCE WINDOW GALLERY
住所
〒100-6301 東京都
千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング1F
最寄り駅
東京
電話番号
03-3240-5791

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

H.P.FRANCE WINDOW GALLERYより、飯沼英樹「カデンツ サーカス デカダンス」を開催いたします。
1975年生まれの飯沼英樹は、愛知県立芸術大学大学院卒業後、ナント国立美術大学(フランス)に入学。ヨーロッパ各地にて個展やグループ展に出品を重ね、長らくヨーロッパで活躍していた木彫作家です。
これまで飯沼は一貫して「消費社会に生きる女性」を制作のテーマとし、ファッション雑誌に掲載される女性や東京の街を歩く一般女性のスナップショットをモチーフに作品を発表してきました。作品から放たれる豊かな色彩と粗く彫られた木肌の質感は、「現代を生きる女性像」を観賞者に想起させます。本展示ではH.P.FRANCEが提供する洋服、アクセサリーを身につけた女性を飯沼が撮影し、それをモチーフに制作された作品群が丸ノ内のWINDOWを華やかに彩ります。飯沼とH.P.FRANCEが創りあげる試みを是非この機会にご高覧ください。

Artist Commnet
女性達は常に美に向かって進化しているー
今回、女性達の美に対するフィジカルな側面に焦点を当てました。例えばヨガやストレッチ、ダンスを好んで趣味としたり、それが高じて鍛え抜かれた身体が美へ向かっていくさまを現代に生きる女性の進化した美と捉え、作品にとどめたいと思ったのです。今までの作品はファッション雑誌からモデルやポーズを選んで彫っていました。しかし今回新しい試みとして、モデル、ヘアメイク、洋服、装飾品・・・それらを自分で選び、ポージングを含め、私の彫りたいイメージの写真を自分達で撮影しました。ダンス、写真、洋服、ジュエリー、彫刻が共鳴しあい、枠にとらわれない現代美術の新しい可能性を切り開いていきたいと考えています。

主催・協賛・後援

企画協力:TOMO (polish ポールダンスインストラクター)、高木考一 (フォトグラファー)、かろりね (ヘアメイク)、SNOW contemporary

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。