光と森と Paint and Glass works 片山 みやび 作品展

  • 印刷する
会 期
20130417日 -  20130423
開催時間
10時00分 - 20時00分
金曜、土曜は午後9時迄
最終日は午後6時まで
休み
会期中無休
クリエイター在廊

会期中作家在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-6311-5380
e-mail: info@yart-gallery.co.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

このたびの個展は、油彩画とガラス作品が約半数づつ展示され、会場では互いの作品の
表現する世界が溶け合い、人と自然の優しいつながりを感じさせる温かい空間を創っています。
片山みやびさんは、リトグラフ版画からスタートし、次に油彩画を発表して10年余になります。
今展の油彩画作品は、文化庁新進芸術家海外派遣研究員としてデンマークでの滞在をもとに、
大きくて深い森や、春になると一斉に咲き始める花々、日常の中で出会った動物達、優しい
人々との交流を澄みきった空気と光のもとで表現すべく、中間色のグラデーションや重ね塗り
を多く用いてやわらかく表現しています。
 また、デンマーク滞在中にガラスの作品群と出会い、作品制作の機会を得て帰国後本格的に
作品制作に取り組みました。おだやかなデンマークのイメージと、やわらかな光を抱くガラス
作品は、これまで制作して来た油彩画の世界と変わらないものがありました。
壁掛け式や絵皿のガラス作品は主にアメリカ等、海外の高級な色ガラス板を用いてフュージング
技法で制作しました。ガラスの透明不透明を使い分け、キャンバスでは表現出来ない独特の色彩
が魅惑的です。ガラスによる絵画作品とキャンバスでの作品をご高覧下さい。
 作家は、 自然に触れること、身近にあって生活の中で当たり前に人と関わるアートを理想と
して制作に励んでいます。

【作家略歴】 
1964  兵庫県西宮市生まれ
1990  京都市立芸術大学大学院 美術研究科修了。
1987年より、全国で個展、グループ展多数
2010年 文化庁 新進芸術家海外派遣研修員として一年間デンマーク滞在
    [文部科学省 文化庁 新進芸術家海外留学制度]

【パブリックコレクション】
大阪府立現代美術センター 国立国際美術館  兵庫県立近代美術館
大阪府立大学図書館 町田市立国際版画美術館   

関連情報

アーティストトーク
4月19日 金曜日 午後6時~

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。