彼岸の花

  • 印刷する
会 期
20130424日 -  20130607
開催時間
10時00分 - 16時00分
休み
土、日、月、火休み
この情報のお問合せ
kurenboh(a)nifty.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
空蓮房
住所
〒111-0051 東京都
台東区蔵前4-17-14 長応院内
最寄り駅
蔵前
電話番号
-

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

彼岸の花

去年の秋、彼岸花を手折った。相馬の海のほとりで、それから川崎の汀で。
強い風が吹き渡っていった。
季節が過ぎ、花はもういない。
                                       新井 卓

Flowers in Eqiunoctionals

Remembering I broke off wildflowers in last fall, I forgot where there was.
Was that by the sea in Soma, or may be on the riverbank in Kawasaki?
It was blowing harsh I remember.
While winds shifted, all the flowers gone.
                                       Takashi Arai

関連情報

5月3日16:00より長応院本堂にて関連イベント「TONO #3」ライブパフォーマンス(定員50名)がございます。

「TONO Vol. 3」Live performance

5月3日午後4時- (3時半開場)
定員: 50名
入場料: 賽銭制 2000円以上を希望
場所: 長応院(空蓮房) 本堂 (東京都台東区蔵前4-17-14)
予約:メール(kurenboh(a)nifty.com)で予約
出演:笹久保伸(Guitar)
   戸島さや野(Violin)
   青木大輔(Zampona)
   新井卓(Reflection)
演目:ジョン・ケージ、高橋悠治、ヴィラ・ロボス、ヴィクトル・ハラ、アンデス音楽、新井卓「Lights, Walter, Conglomerate(2012-2013)」

「TONO…柳田国男の古典、「遠野物語」の遠野である。
世界中から失われてゆく民話には、私たちが生きるために必要な言葉=哲学が隠されている。
遠野は、その言葉が生まれた土地。
写真家・新井卓はここ数年の間、ダゲレオタイプという複製不可能な技法で、
この特別な土地を撮影し続けている。
TONO…スペイン語で「音」という意味である。
新井卓が見つめた遠野のイメージに、その音がミックスする。
笹久保伸、戸島さや野。ギターとヴァイオリン。
現代のアーチスト三人が創り出す独自な世界から、また異なる世界、言葉が生まれるかもしれない。」粟津ケン(KEN主宰)

<メンバー・プロフィール>

笹久保伸(Shin Sasakubo)ギタリスト/作曲家
生後2ヶ月の時、両親の仕事で1年間ペルーで過ごす。
クラシックギターを学び、ギターコンクール受賞多数。
2004年から2007年までペルーにてアンデス音楽の研究を行い、アンデスの村々を訪ねその生活の音楽を学ぶ。
南米各地とイタリア、ギリシャ、ブルガリアなどでコンサートを行い、ソロCDを14枚リリースしている。

戸島さや野(Sayano Tojima)ヴァイオリニスト
名古屋市生まれ。3歳よりヴァイオリンをはじめる。
東京藝術大学音楽学部を経て、同大学院修士課程を修了。2008年フライブルグ音楽大学ソリストコース修了、ドイツ国家演奏家資格を取得。日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会第2位(1位なし)、シュポア国際コンクール最優秀現代曲賞などを受賞。これまでにヴァイオリンを佐々木はるる、瀬戸瑤子、浦川宣也、和波たかよし、ニコラス・チュマチェンコの各師に師事。

青木大輔(Daisuke Aoki)シーク(サンポーニャ)奏者
小学校3年生の頃、南米アンデス地方のアシ笛「シーク」と出逢い、ペルー人に奏法の指導を受ける。5年生より、各種イベント、コンサートに出演。2002年フォルクローレ・ギタリスト木下尊惇と共演。同じく笹久保伸とのデュオ・コンサートを各地で行なう。日本舞踊、クラシック等との共演も行なう。現在、シークの可能性を追求している。2010年1月に南青山 MANDA-LA で笹久保伸氏とインプロ中心の伝説的ライブを行うなど、正統性と前衛性を併せ持ったシーク奏者。

新井卓(Takashi Arai)美術家
1978年川崎市生まれ。写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)を独自に習得し制作活動を展開する。主な個展に、 原爆の図丸木美術館「福島からひろがる視線2 MIRRORS HALF ASLEEP 新井卓銀板写真展」(2012) 、 大阪・銀座(巡回)ニコンサロン「Here and There - 明日の島」(2012)、 川崎市市民ミュージアム「夜々の鏡/Mirrors in Our Nights」(2011) 、 北京・泰吉轩「Dream of Images」(2011)、横浜美術館「鏡ごしのランデヴー/Rendezvous on Mirror」(2006)ほか多数。2012年に国立近代美術館「写真の現在4:そのときの光、そのさきの風」に参加。

特記事項

拝観は事前にメールで予約必要:kurenboh(a)nifty.comまで

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>
<<        >>

クリップした展覧会はありません。