門坂流個展 “Engraving”

  • 印刷する
会 期
20130330日 -  20130413
開催時間
11時00分 - 18時30分
休み
4/7
クリエイター在廊

3/30,31,4/2,4,6,8,10,12,13
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
03-3271-3810
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
不忍画廊
住所
〒103-0027 東京都
中央区日本橋3-8-6 第二中央ビル4階
最寄り駅
日本橋
電話番号
03-3271-3810

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ビュラン(彫刻刀の一種)を用いたエングレーヴィング※による美しい線描で、川や雲の流れ、樹木、山並などを描く作家・門坂流。
鉛筆、水彩、ペン画を描いていた創作活動初期の頃から、質の高い細密な作品を生み出す技術は文芸の世界でも高く評価され、直木賞受賞作家の小説表紙絵を多数手がけています。
門坂は、ペン画などで表現できない“深い美”を描出するために、1985年から銅版画に取り組み始めました。「失敗してもやり直しの効くような素材では、集中して制作ができない」と話す彼は、ペン画の創作で培った技術を生かし、エングレーヴィングという技法で創作を行っています。画面に描かれる無数の線は、隣の線と交差することなく、風景や生物を形作っています。硬質な線の集合でありながら、水面や山肌の質感が見事に表される流線美は、見る人の心を捉えてやみません。

今回は、1985年から今年制作した新作まで200点の中から作家自身がセレクトした30点を展示いたします。出品作を収録した作品集『Ryu Kadosaka “Engraving”』も刊行いたします。また、雑誌『文学界』で昨年10月号から4号連続で使用された挿絵の原画も全作品を併せてご紹介します。

※エングレーヴィング…彫刻凹版技法のこと。インタリオ(凹版)技法における直接法の一種。ビュラン(burin)と呼ばれる鋭利な刃物で金属面に直接彫りつけて刻線を作り、その溝にインクを詰めてプレス機で印刷する。版材は、彫刻に適した硬度と柔軟さを併せもつ銅板がもっとも広く用いられ、非常に硬質でシャープな線描が得られる。きわめて精密な線描が可能な一方、人の手による彫刻であるため機械的均質さから免れ、偽造防止の効果があるので、商業印刷の世界では今でも紙幣や証券の細紋の印刷に広く用いられている。

========================================================

■ 作品集「Ryu Kadosaka “Engraving”」刊行
「門坂流個展 “Engraving”」出品作品を収録した作品集を刊行いたしました。

普及版 : 価格 1,050円 限定500部
特別版A・B : 価格各10,500円 限定各35部 ミニアチュール作品1点(額付)収録
※特別版の収録内容は「不忍画廊オンラインショップ(http://shinobazu.com/eshop/)」にて詳しくご紹介しています。

[ ご購入方法 ]
会期中、会場で販売いたします。また、「不忍画廊オンラインショップ(http://shinobazu.com/eshop/)」でも発売中です。

関連情報

オープニングパーティー:3/30(土)16:00~(参加自由・入場無料)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。