ロシア近代絵画の頂点 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展

  • 印刷する
会 期
20130406日 -  20130526
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16:30まで
入場料
有料
一般1,100円(1,000円)、20歳未満・学生950円(850円)、65歳以上550円、高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金です。
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。その他の割引につきましてはお問合せください。
※ファミリー・コミュニケーションの日:毎月第一日曜日(今回は4月7日と5月5日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は優待料金
(65歳以上の方をのぞく)でご観覧いただけます。
※無料開館日「国際博物館の日」:5月18日(土)は、神奈川県立近代美術館で開催中の3つの展覧会を無料でご観覧いただけます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山 046-875-2800
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子
電話番号
046-875-2800

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ロシア近代絵画の頂点――イリヤ・レーピン(1844-1930)
文豪トルストイやドストエフスキー、作曲家チャイコフスキーやムソルグスキー、元素の周期表を提案した化学者メンデレーエフなど、19世紀後半の帝政ロシアには華やかな文化が花開きました。イリヤ・レーピンは、その時代の美術を代表する巨匠です。彼はその卓越した描画技術で、当時の社会、人物を活写し、また入念な時代・民俗考証を行って祖国の歴史の重要な場面を再現しました。描かれた人物の個性や内面をも感じさせるほどに透徹したレーピンのリアリズムは、まさにロシア近代美術の頂点を示すものです。
帝政ロシアのモスクワの豪商パーヴェル・トレチャコフが築いたロシア美術の殿堂、国立トレチャコフ美術館が所蔵する珠玉の作品群より選ばれた、レーピンの画業の初期から晩年に至る様々なジャンルの油彩画、水彩画、素描、計79点で構成される本展は、日本を巡回する過去最大の回顧展であり、神奈川県立近代美術館 葉山がその最後の会場となります。
肖像画の代表作《作曲家モデスト・ムソルグスキーの肖像》、同時代の人々の心理描写に優れた《思いがけなく》、歴史画の大作《皇女ソフィヤ》、水彩画の傑作《エジンバラ大学教授のガウンを着た化学者ドミートリー・メンデレーエフの肖像》など、レーピンの芸術の粋と帝政ロシアの絢爛たる文化を実感できる、またとない機会となるでしょう。

関連情報

○オープニング・トーク
  4月6日(土) 午後2時-2時30分
  講師:国立トレチャコフ美術館スタッフ
  申込不要、無料(ただし「レーピン展」観覧券が必要です。)
○記念講演会
  4月21日(日) 午後2時-4時
  「甦るレーピン――移動派の現代性」
  講師:鴻野わか菜(千葉大学准教授/ロシア文学・文化)
  場所:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
  定員:70名(当日先着順) 申込不要、無料

  5月18日(土) 午後2時-4時
  「イリヤ・レーピンの絵画の特質について」
  講師:籾山昌夫(当館主任学芸員) 
  場所:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
  定員:70名(当日先着順) 申込不要、無料
○学芸員によるギャラリー・トーク
  4月9日(火)、5月19日(日) いずれも午後2時-2時30分
  申込不要、無料(ただし「レーピン展」観覧券が必要です。)

主催・協賛・後援

主催:神奈川県立近代美術館
後援:ロシア連邦外務省、ロシア連邦文化省/在日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁/ロシア文化フェスティバル組織委員会
協力:日本航空
企画協力:アートインプレッション

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。