厚地朋子+山下耕平 「近所の迷子」

*Details of "iron will" by Tomoko Atsuchi and "xyz_(blue)" by Kohei Yamashita
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20130223日 -  20130323
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝休
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    taimatz 03-5820-8088
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    taïmatz
    住所
    〒101-0031 東京都
    千代田区東神田1-2-11
    最寄り駅
    馬喰町
    電話番号
    03-5820-8088

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    <近くて良く見えねえ/近くて遠い/遠くて近い>

    近所に赤いレンガ作りの大きな洋館の家が建ちました。おいおい、ここはどこだ・・・と思いました。
    地元の国道沿いの喫茶店には、かつて、大きなダヴィデ像が(もちろん全裸で)そびえ立っていました。

    この二つの記憶はわたしの原動力のようなものです。
    それで、まずは普通に絵を描いてみようと思い絵を描きました。すると、出来上がった絵は、空間が歪んだ絵になっていました。意識したわけではなく、勝手に絵の中で空間がおかしなことになってしまった。
    もともとコンプレックスが多く、それを昇華するように絵を描いていたこともあり、それは今も変わっていないように思います。じゃあ何が今コンプレックスなのかというと、絵を描けば描くほど、私は「憧れの西洋」なるものに毒されているなあ、と思うこと。いつかこの毒がぬけて、大きくて逞しい絵が描けるといいな、と思って、とりあえず今は「憧れの西洋」を自分の中で食べて食べて食べ尽くして消化(昇華)してみようと思いました。

    それで、まずは普通に絵を描いてみようと思い絵を描きました。すると、出来上がった絵は、空間が歪んだ絵になっていました。意識したわけではなく、勝手に絵の中で空間がおかしなことになってしまった。
    自分が描いた絵から気付いたことだけど、私の見ている世界は実は絵のとおりかもしれない。

    一点を凝視したときにおこる遠近の崩れ。ものの大きさが崩壊して、ものを見ているだけで酔う感覚。
    手前が大きく後ろが小さいとは限らない。遠近法の通りには見えない世界。多視点の空間。 この視覚の混乱と、「憧れの西洋」へのコンプレックスは、きっとそう遠くない問題なような気がします。 絵を描けば描くほどに感じるコンプレックスを、視覚の混乱という発見を手がかりに、食べ尽くして克服してやろう と思います。

                                        2013年2月
                                              厚地朋子

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。