岩崎貴宏 Phenotypic Remodeling

  • 印刷する
会 期
20101022日 -  20101204
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
休廊: 日・月・祝祭日
この情報のお問合せ
ARATANIURANO 03-3555-0696
情報提供者/投稿者
開催場所
URANO
住所
〒140-0002 東京都
品川区東品川1-33-10-3F
最寄り駅
天王洲アイル
電話番号
03-6433-2303

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ARATANIURANOでの初の個展となる今回、岩崎は、「生物に現れる遺伝子型と外的環境から影響を受けて作られる性質」という意味の「フェノタイプ(表現型)」という生物学用語と、「再構築」、医学用語では「不完全修復」をも意味する「リモデリング」とい2つの言葉をキーワードに、あふれかえる日用品がそれぞれにもつ情報を抽出し、あたかもプラモデルを組み立てるように都市をリモデリングするインスタレーションを発表いたします。

 「日用品がもつ素材や、そこに残された情報を遺伝因子のように捉え、その一部分を選択、分解、再構築させて一つのモデルを作る」と自らが言うように、岩崎の作品では、タオル、スカーフ、靴下から引き出した糸で鉄塔が築かれ、本の栞の糸からクレーンが生まれ、シャーペンの芯で電柱が打ち立てられ、消しゴムで彫られた山脈が出現するなど、普段我々の生活の中に溶け込み、改めて凝視することすらない日用品の素材で都市や自然の再構築されたミニチュアが作り出されます。わずかに触れただけで壊れてしまいそうなほど非常に繊細な素材で精巧に作られた作品からは、軽妙さやユーモアだけでなく、危うさ、儚さ、また素材自体の記憶をも読み取ることができ、現在の我々の生きる風景、社会の姿を映し出しているようです。

ミニチュアライズされ再構築された岩崎の造形世界と、我々が見慣れているはずの世界とのギャップが生み出す緊張感は、観るものの視線を縛る強い磁力を放ち、驚きと発見を与えてくれることでしょう。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。