金子國義展 遊戯の果てに

  • 印刷する
会 期
20130209日 -  20130217
開催時間
10時00分 - 19時30分
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Bunkamura Gallery 03-3477-9174
情報提供者/投稿者
開催場所
Bunkamura Gallery
住所
〒150-8507 東京都
渋谷区道玄坂2-24-1
最寄り駅
渋谷
電話番号
03-3477-9174

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

快楽と背徳の果てにあるもの

 誰もが日本の経済復興の奇跡を確信した1960 年代、美術界においては前衛芸術と呼ばれる刺激的な作家たちが多く輩出された。金子國義はその激動の時代を過ごし、三島由紀夫、澁澤龍彦、唐十郎、四谷シモン、コシノ・ジュンコといった時代の寵児たちと共に、アヴァンギャルドと称され、独自の美学と表現力を瞬く間に開花させた。その領域は絵画に留まらず、写真や着物のデザイン、2005 年には十八代目中村勘三郎襲名披露口上に続き、六代目中村勘九郎襲名の舞台美術を手掛けるなど、その活躍は多岐に渡る。

金子はマルキ・ド・サドやバタイユなどのエロティシズム文学や聖書に深く傾倒した作品や、不思議の国のアリスの挿絵など、絶大な支持を受けてきた。倒錯した端正な青年や、可憐で秘密めいた少女たち。人間の潜在的な本能と欲望を、時に妖しく、時に優美に描き、その根底にある「異端」と「聖なるもの」を危ういバランスで解放させる。そしてその果てに現れる誰もが認めざるを得ない本質的な美。そのパラドックスこそが、背徳の密の味であり、幻想と異端の世界へ私たちを誘うのだ。

 Bunkamura Gallery にて6 回目となる本個展では、待望の新作及び近作・旧作の油彩画やリトグラフ作品を展覧販売する。聖なるものと相反する悪徳の狭間を行き来する遊戯の果てに現れる崇高なエロティシズムをご覧頂きたい。

関連情報

サイン会開催
2月10日()17:00~ ※作品・書籍・グッズをご購入のお客様に限ります。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。