岸幸太写真展 「Things in there」

  • 印刷する
会 期
20130206日 -  20130303
開催時間
12時00分 - 20時00分
休み
月曜休
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
03-5368-2631
info@pg-web.net
情報提供者/投稿者
開催場所
photographers’ gallery
住所
〒160-0022 東京都
新宿区新宿2-16-11-401 サンフタミビル4F
最寄り駅
新宿三丁目
電話番号
03-5368-2631

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

岸幸太写真展
「Things in there」
2013 年2 月6 日(水) - 3 月3 日(日)
12:00 - 20:00 月曜休
会場/photographers’ gallery、KULA PHOTO GALLERY

岸幸太は昨年7 月に廃棄された床材や段ボール、東日本大震災によって出た流木やがれきなどを使い、制作した作品を「Barracks」として発表しています。
昨年6 月、「Barracks」を制作する中で震災による被害に見舞われた宮城県と福島県の沿岸部に、初めて向かいます。土砂やがれきの撤去作業が進む各地で流木やトタン板、マットレスや壁材などを拾い集めると同時に各町の住居跡に散らばったままある、砂に埋もれた鍋や履き物、朽ちた壁材やタイル、汚れたノートや空き瓶、土や植物に埋もれた衣類やぬいぐるみなどを撮影しています。
本展では昨年12 月に岩手県沿岸部に向かい撮影が重ねられた「物」の写真が発表されます。
岸の写真は、震災以降の各町にある「物」の状況を伝えるとともに、残らなかった「物」、此処には無い「物」にも思い巡らすことへのきっかけとなるでしょう。

撮影地/岩手県上閉伊郡大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、宮城県気仙沼市、本吉郡南三陸町、石巻市、亘理郡山元町

展示内容/ゼラチンシルバープリント、203×254ミリ、約100点

岸幸太 KISHI Kota 略歴
1978 年 千葉県生まれ
2003 年 専門学校東京ビジュアルアーツ写真学科卒業

個展
2004 年 「welcome」 (photographers’ gallery・東京)
2006 年 「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
2007 年 「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
「傷、見た目」 (Asia Photographer’s Gallery・福岡)
2008 年 「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
2009 年 「傷、見た目」 (photographers’ gallery・東京)
2011 年 「もの、しみる」 (KULA PHOTO GALLERY・東京)
「The books with smells」 (KULA PHOTO GALLERY・東京)
2012 年 「釜ヶ崎̶ひなた、彼方」 (photographers’ gallery/KULA PHOTO GALLERY・東京)
「Barracks」 (photographers’ gallery/KULA PHOTO GALLERY・東京)

グループ展
2004 年 「火の国展-photographers’ gallery exhibition」(熊本県立美術館分館展示室3・熊本)
2005 年 「借りた場所、借りた時間 photographers’ gallery 横浜展」(BankART studio NYK・神奈川)

出版物
2004 年 photographers’ gallery File05 『welcome』

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。