溶ける魚 ── つづきの現実 展

  • 印刷する
会 期
20130110日 -  20130120
開催時間
11時00分 - 19時00分
*最終日18:00まで
休み
月曜日
この情報のお問合せ
Tel・Fax:075-231-0706
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

展覧会内容

Gallery PARCでは、2013年の最初の展覧会として1月10日(木)から20日(日)まで、「溶ける魚 ── つづきの現実」展を開催いたします。

本展は荒木由香里|衣川泰典|木村了子 + 安喜万佐子|高木智広|中屋敷智生|花岡伸宏|林勇気|藤井健仁|松山賢|満田晴穂|麥生田兵吾の10名+1組の現代美術作家よる自主企画展であり、京都精華大学ギャラリーフロールと同時開催でおこなわれます。ジャンルの異なる作家達が「シュルレアリスム」というテーマに取り組むことで、自らの表現を再確認するとともに、自身の表現を深め、新たな作品展開の可能性を探求する機会となるよう企画されたものです。

シュルレアリスムは、戦争や経済恐慌などにより憔悴していた20世紀初頭のヨーロッパにあって、1924年に文学者アンドレ・ブルトンが発した「シュルレアリスム宣言」を起点とする芸術運動であり、無意識や偶然性、夢や本能、幻想、神話、共同性をキーに、既存の論理や理性を超えて自身の内なる領域を探索し、そこに新たな美や豊かなイメージの世界を発見したものです。
それまでの倫理や価値観が大きく転換していく現実を前に、『芸術家は果たして何を考え・何をなすべきか?』という自問に対し、『自らの生み出した作品そのものによって真摯に現実と向き合う』という当時のシュルレアリスト達の態度は、「不安・恐怖」から目を背けるのではなく、美術家がより自身(=人間)の内面へと興味を持ち、そこに揺るぎない真実を見いだそうとしたものであり、それは時代背景に類似点の多い現在の日本の美術作家たちにとっても、多いに参考となるものといえます。

本展のタイトル「溶ける魚」は、アンドレ・ブルトンが1920年代に執筆したシュルレアリスムを代表する文学作品の題名から引用されており、10名+1組の美術作家が、自らの精神の内奥を見つめ、そこから汲み上げた何かにカタチを与えた「つづきの現実」を提示するものです。
絵画・彫刻・映像表現など、「溶ける魚」「シュルレアリスム」というキーワードにそれぞれの作家が真摯に取り組んだ成果としての多彩な作品を鑑賞いただく中で、鑑賞者の皆様の内に「つづき」の物語を紡ぎだしはじめれば幸いです。

関連情報

「溶ける魚 - つづきの現実」【第1会場】展
2013年1月10日(木) ─ 1月26日(土) 10:30~18:30 ※日祝休館
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール HP[www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/]
*本展は京都精華大学ギャラリーフロールを第1会場、ギャラリー・パルクを第2会場として、2会場に渡って開催されます。

「オープニングレセプション」
1月12日(土) 
15:00〜16:30@京都精華大学ギャラリーフロール
17:30~19:00@Gallery PARC(ギャラリー・パルク)
*オープニングレセプションは同日に2会場を移動して行います。

同時開催展
「DEMADO CONTEMPORARY ART PROJECT」
VOL.6:木村了子+安喜万佐子「鳥達は色彩を失ってから形を失う」
会期:2013 年1月10日(木) ─ 2月17日(日)
会場:HRDファインアート HP[http://www.hrdfineart.com/demado/dtop.html]
*DEMADO CONTEMPORARY ART PROJECT はHRDファインアートのオフィスに併設したウィンドウギャラリーの展示プロジェクトです。

主催・協賛・後援

企画・主催:「溶ける魚─つづきの現実」実行委員会
協力:原田明和(HRD ファインアート)、ガクブチのヤマモト、画箋堂、Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。