Liquid Pop: pop and abstraction

  • 印刷する
会 期
20130111日 -  20130216
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
日・月・祝 休廊
クリエイター在廊

フランシス真悟: 1/11 18:00-20:00
ジョー・グード: 1/11 18:00-20:00
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
KOKI ARTS 03-3865-8650
情報提供者/投稿者
開催場所
KOKI ARTS
住所
〒101-0031 東京都
千代田区東神田1-15-2 ローズビル1F
最寄り駅
馬喰町
電話番号
03-3865-8650

詳細

展覧会内容

カリフォルニアのアートの歴史はアメリカでしばしば見落とされがちである。もしかしたらそれは地理的な理由で、戦前と戦後に起きていたニューヨークとヨーロッパの間のアートムーブメントや繋がりと遠ざかっていたためかもしれない。しかしながらカリフォルニアのアートの歴史は豊かで個性的であり、アメリカのアートシーンに多大な影響を与えた。この展覧会はカリフォルニアという場所に影響された3人のアーティストの作品に注目した展覧会である。

ジョー・グードは1960年代初頭にロサンゼルスでアートの世界の先駆者となった一人である。ジミー・グリーソンは80年代から独自のアートを発達させ、グードのアシスタントとして二人は深く関わっていた。フランシス真悟は90年代にロサンゼルスで美大を卒業し、アート活動、制作をしていたアーティストの一人である。グードとグリーソンはカリフォルニア州で現在もアート活動を続けている。フランシスはカリフォルニア州に加え、ニューヨークと日本、またはヨーロッパにも活動拠点を広げている。

3人のアーティストはアート作品が作り出されるスタジオの中の空間で、独自にアートを開発、発達させている。それはアートの質を最大限に生かす制作方法で、そういった過程や経験が自分達のアートに大きく影響している。グードの作品は例えば、日常生活の中で使われる物をアート作品に取り入れている。代表的な作品では、ミルクの瓶がある。それはもしかしたらとてもシンプルな物で率直に表現出来る物なのかもしれない。また、グリーソンとフランシスはシンプルである中にも、光や色、陰といった抽象的かつ内面的な表現をアートを通して伝えている。3人に共通して言えるのは、アートが配置された空間が、物理的にも、精神的にも観客となんらかの繋がりを生み出している。

関連情報

オープニングレセプション:2013年1月11日 18:00−20:00

主催・協賛・後援

協力:MISA SHIN GALLERY・米国大使館・GALERIE PARIS

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。