詩情の風景 大正・昭和の木版画家 川瀬巴水 展

川瀬巴水 東京二十景『芝増上寺』1925(大正14)年 制作
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20121227日 -  20121231
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    最終日は午後4時閉場
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    tel:06-6311-5380
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    京阪美術画廊
    住所
    〒570-8558 大阪府
    守口市河原町8番3号 京阪百貨店守口店6階
    最寄り駅
    守口市
    電話番号
    06-6994-1313

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    江戸期の浮世絵から学んだ大正,昭和の木版画から詩情あふれる日本の
    風土の四季と、この時代の懐かしい人々の佇まいをご高覧下さい。

     川瀬巴水(かわせ はすい)は明治16(1883)年 東京日本橋生まれ、日本画の鏑木清方に学びました。
    大正7年、版元・渡邊庄三郎のもとで木版画の制作を初め昭和32(1957)年歿する迄
    主に風景木版画を制作してきました。
     歌川広重の再来といわれ、日本全国を旅し、詩情あふれる風景画600点余を生涯かけて
    描き続けた川瀬巴水。世界各地のオークションでは北斎、広重と並び巴水は、浮世絵の
    3Hとして高く評価されています。巴水の風景画は日本の風土と時代の空気を色濃く伝えています。
    このたびは巴水の版元、三代目渡邉章一郎氏(なんでも鑑定団に出演)選定による得難い
    初期摺りと後摺りで合計80点を展示販売します。

    後摺りとは、オリジナルの版木が全て揃った作品に限り、版元の監修のもとに熟練の
    摺師が当時と同じ技法で摺り上げたものをさします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。