村瀬 恭子 「サファイア」

  • 印刷する
会 期
20101030日 -  20101120
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
休廊: 日・月・祝日
クリエイター在廊

10月30日(土) 18:00-20:00
この情報のお問合せ
タカ・イシイギャラリー 03-5646-6050
情報提供者/投稿者
開催場所
Taka Ishii Gallery
住所
〒135-0024 東京都
江東区清澄1-3-2-5F
最寄り駅
清澄白河
電話番号
03-5646-6050

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

タカ・イシイギャラリーでは、10月30日(土)から11月20日(土)まで、村瀬恭子の新作展「サファイア」を開催致します。豊田市美術館にて今年(2010年4月10日-6月13日)開催された大規模な個展 「Fluttering far away」以来の新作展となる本展では、新作ペインティング約5点に加え、未発表のドローイングを展示致します。
現代の日本を代表する作家として、村瀬はここ数年国内各地で開催されたグループ展への出展を重ねてきました。今年1月より国立国際美術館で開催された、2000年代の絵画を振り返る「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から」展においても、その作品はとりわけ重要なものとして評価されています。

もし「庭展」が示した現代の絵画の特徴が、感覚で外界を探知する態度だと言っていいのなら、その道を開いた先行世代は、実は村瀬恭子だったのではないだろうか。(中略)村瀬の絵画は、従来的油彩技法とは全く違う。睫毛のようなささくれの集積、輪郭でせめぎあう隙間、なめらかではなくつっかえるドローイングなど、極めて独創的な描写法を繰り広げている。その技法は、描かれているものと同様、目を閉じるように敏感に、自分の感覚器官で外界を探知する修錬のなかで見つけたものに違いない。
光田ゆり「難解時代以後の現代絵画―絵画の庭展と村瀬恭子」『新美術新聞』2010年6月より抜粋

本展では、「Fluttering far away」展にて発表された新作や「百万年cave」というタイトルで発表された洞窟をモチーフにしたウォールドーイング以後、新たな展開へと進む新作を発表いたします。独特の描写法によって見る者を強く作品世界に引き込む村瀬の新作を、この機会に是非ご高覧ください。

関連情報

オープニング・レセプション:2010年10月30日(土) 18:00-20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。