row ─ thickness:KIM Mitsuo works 金 光男 展

row - hon 2012  パラフィンを引いた紙にシルクスクリーン、バーナー  116.5×81.5×4.0cm
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20121214日 -  20121227
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    月曜日
    この情報のお問合せ
    Tel・Fax:075-231-0706
    Mail:info@galleryparc.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery PARC
    住所
    〒604-8165 京都府
    京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
    最寄り駅
    烏丸
    電話番号
    075-231-0706

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2012年の最後の展覧会として12月14日から27日まで、「row ── thickness:KIM Mitsuo works 金 光男 展」を開催いたします。

     2012年に京都市立芸術大学大学院・版画科を修了した金 光男(KIM Mitsuo / 大阪・1987~)は、白く不透明なパラフィンワックス(蝋=ロウ)にシルクスクリーンによってイメージ(写真)を刷り込み、そこに熱を加えることで個体から液体へと変容する支持体とともに定着したインクをも動かし、コントロール不能なイメージの崩壊を画面上にもたらす《row》シリーズを中心に、これまで活発な発表を続けています。

     「支持体とイメージ」がその関係性を失い、「蝋:インク」という等価な「物質」となって融解した後、冷えたロウが再び個体に戻るなかで、秩序を失ったインクは新たなイメージとなってそこに再定着していきます。それはイメージ(写真)を物質の集合体へと置換・還元するとともに、総体としての「物質(=イメージ)」の姿を維持するかのようで、その矛盾が結んだ新たな「像」を見せています。

     不透明から透明に、透明から不透明に変容する蝋、情報量(=ドット)はそのままに在るべき位置を変化させるインクなど、金光男はイメージを構成する要素である支持体(蝋)や情報量(インク)などを加減すること無く、ただそこにある秩序を奪い、イメージと物質をよりシームレスな関わりへと置くことで、変容する物質とイメージとしての総体を維持させます。それは鑑賞者から「見るべき対象=イメージ」としての秩序をも奪うものであり、イメージと物質、平面と立体、高さと低さ、薄さと厚さ、ミクロとマクロ・・・など、その視点が定まることのない視覚体験をもたらします。

     初個展ともなる本展では、金光男がこれまでに取り組んできたこれら《row》シリーズの平面作品とともに、会場空間を活かしたインスタレーションをあわせて発表いたします。

    主催・協賛・後援

    Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。