虹丸 Dan-Ball Art の世界展

  • 印刷する
会 期
20121204日 -  20121209
開催時間
11時00分 - 20時00分
最終日は18:00まで
この情報のお問合せ
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
〒160-0021 東京都新宿区大京町12-9
TEL/FAX 03-3341-3253
info@gallerycomplex.com
http://www.gallerycomplex.com/
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
The Artcomplex Center of Tokyo
住所
〒160-0015 東京都
新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター
最寄り駅
信濃町
電話番号
03-3341-3253

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

虹丸 Dan-Ball Artの世界展

虹丸DAN-BALL ARTについて
「素材と表現」をコンセプトに制作を続けてきたアーティスト虹丸の新しい表現のテーマは、2011年3月11日の大震災を契機に、全く新しい境地に立ち至った。段ボール素材をレリーフ彫刻する虹丸DAN-BALL ARTの制作に着手した。段ボールの表面をフルート状の性質を利用して、切る・裂く・破る・捻る・千切る・潰す・引っ掻く・穴を開ける・燃やす・擦る・焦がす・ぶつける・蝋燭を垂らす・などなど、人間の生活する動作や行動を、いたって普通の様々な手仕事でのアクションを施して、表面にエネルギーをぶつける、シンプルで豊かな表情を生み出す手法を、開発した。さらに表面に粉体塗装を施することで多様な表情を得る事ができた。更に、アナログ回帰にむけてチープな使用済みの段ボールを、アーティスト虹丸が手を加える事によって、全く新しいバリューとハイクオリティの価値を創り出す。それは虹丸マジックとでも言うべき普通であって普通でない、全く新しい価値意識の転換を具体的に示して、衝撃的な世界観を見る人に与える事になった。デジタル化志向から、本来の人間の持っている五感に訴求する当たり前のアナログの力と言えよう。素材の持つ光、匂い、手触り、陰影、音、質感などデジタルが逆立ちしても、リアルな存在感には無力であろう。無意識の意識について、虹丸は長い間、意識下の意識を哲学的に試行錯誤しながら制作を続けて来た。1970年代のフルクサス運動や、ルネサンスの彫刻家が石から魂を取り出すといった歴史的事実を下敷きに、素材が制作行為を自ずと生み出す、自然な境地を目指してきた。虹丸のDAN-BALL ARTはこういった流れから、自然に誕生した。スティーブ・ジョブス氏は言っていた禅のように「簡素なものは美しい」と・・・。 虹丸

特記事項

会場: ACT5

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。