ひかりを抱く Glass and Paint Works 片山みやび 作品展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20121127日 -  20121209
開催時間
11時00分 - 19時00分
日曜は17時まで
休み
月曜休廊
クリエイター在廊

11/27・30
12/1・2・8・9
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-6311-5380
info@yart-gallery.co.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 片山みやびさんは、文化庁の海外派遣研修で昨年10月まで自ら選んだ地、デンマークに滞在し、
作品作りや展覧会を開催してきました。そこは平らかな大地と森につつまれながら、人々が
豊かさや温かさを育む国でした。
 滞在中偶然に、あるガラス作品群と出会い、そして自らも作品制作の機会を得ましたが、
以来すっかりとりこになり、帰国後本格的に作品制作に取り組むことになりました。
おだやかなデンマークのイメージと、やわらかなガラスの光の融合が、これまでの彼女の作品に
いっそうの深みと広がりを与えました。工芸品とは一線を画すガラスによる絵画群を見て頂きたく
存じます。
 片山みやびの作品は、空や大地に光や風が踊り、安らう自然が与えてくれたものを愛おしむ
気持ちを独自な形象と色彩で表現してきました。
 1997年、「国立国際美術館の20年 展」のトークショーにおいて木村重信 元館長が片山みやびの
作品(館蔵作品として収蔵されていた)について、片山の繊細、柔軟な感性による、ひかりあふれる
形と色彩を活かす広がりのある作品を今後更に希望すると言われたが、その一端をこのガラス作品
により新しい世界を拡げたといえます。

フュージング技法 ー 板ガラスやガラスフリットを専用の糊を使用して貼付け、
電気炉内で加熱することによりガラス同士を立体的に熔着させる技法。
フリットとは、本来、釉薬(ゆうやく)、ほうろうなどの分野において、
原料をあらかじめ溶融、急冷して得たガラス粒をさしていたが、現在では、ガラスを
適度な大きさに粉砕した粉末ガラスをさします。

作家略歴 
1964  兵庫県西宮市に生まれる。
1990  京都市立芸術大学大学院 美術研究科修了。
1987年より、全国で個展、グループ展多数
2010年 文化庁 新進芸術家海外派遣研修員として一年間デンマーク滞在
    [文部科学省 文化庁 新進芸術家海外留学制度]
2011年 9月3日~18日 デンマーク滞在中2回目の展覧会を開催
2011年 11月 帰国

パブリックコレクション
大阪府立現代美術センター  町田市立国際版画美術館  兵庫県立近代美術館 
国立国際美術館  大阪府立大学図書館

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。