山田純嗣個展 絵画をめぐって -死んでいるのか、生きているのか

  • 印刷する
会 期
20121105日 -  20121208
開催時間
11時00分 - 18時30分
休み
日・祝
クリエイター在廊

会期中の毎週土曜日に在廊します。
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
03-3271-3810
情報提供者/投稿者
開催場所
不忍画廊
住所
〒103-0027 東京都
中央区日本橋3-8-6 第二中央ビル4階
最寄り駅
日本橋
電話番号
03-3271-3810

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

現代アーティスト・山田純嗣の当画廊で約2年ぶりとなる個展を開催いたします。
作家自身がインスピレーションを受けた国内外の名画をモチーフにする「絵画をめぐって」シリーズに数年間取り組んできましたが、その集大成ともいえるヒエロニムス・ボスの『快楽の園』をモチーフに使用した大作を展示します。本作品は、足掛け3年の制作期間を経て完成し、東京では初公開となります。
その他にも、ミレイの『オフィーリア』や雪舟の作品をモチーフにした作品など、約10点を出品いたします。

現実と虚構が複雑に交差する独特の雰囲気を持つ山田純嗣の作品。立体と写真、版画を用いたインタリオ・オン・フォト※という何重ものプロセスが必要な手法は、「絵画をめぐって」シリーズでも、モチーフとなった名画の持つ世界にとどまらず、オリジナルの魅力を生み出しています。作家がこのシリーズを継続してきたテーマの「絵画についての考察」を、出品する作品群でお楽しみください。

※インタリオ・オン・フォト・・・自身で制作したオブジェを撮影し、次に、現像した印画紙(平面化されたオブジェ)の上に銅版画による細密な線描を刷り重ねていく手法。最後に樹脂でコーティングを施して完成に至ります。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。