make a mistake in choosing:国谷 隆志 展

  • 印刷する
会 期
20121103日 -  20121118
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
月曜日
この情報のお問合せ
Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
Tel・Fax:075-231-0706
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

展覧会内容

 京都を拠点に活動を続ける国谷隆志(くにたに・たかし / 京都・1974~)は、これまでおもにオブジェや彫刻を中心としたインスタレーションによる発表を続けており、作品の在る空間の性質を顕在化し、変容させるサイト・スペシフィックな作品展開は、これまでに多くの注目を集めています。とりわけネオンを用いた一連の作品は、作品と鑑賞者を取り巻く空間に「ある環境や状態」を創出するとともに、その場に内包される鑑賞者の身体感覚により強く働きかける試みとして展開しています。

 昨年のPARCでの個展「Mars」に続く本展は、そのタイトルを「make a mistake in choosing」(選択に失敗する)として、モノ・空間・鑑賞者の間にある認識・理解にまつわる予定調和を撹拌し、そこに交わされるすべてを「ディスコミュニケーション」として指し示すものです。私たちが毎日のように目にするネオン(サイン)。その多くは広告物として「絵や文字」の意味を持ち、それらが「見られ・読まれる」ことでその役割を果たしているといえます。多くの人にとってネオン(管)そのものを間近で見る事は少なく、その鮮やかで鮮烈な光の正体は不明のままに、それらは既知のものとして認識されています。
 会場に並べられた無数のネオンは、不自然な光を放つ抽象的なオブジェクト(モノ)として鑑賞者の目の前に存在します。認識・理解のためのプロトコル(相互の規定・手順など)不在の場にあって、鑑賞者はそれぞれの身体の位置や目線(知覚)によって、目の前の状態・自身を内包する空間への再認識を必要とするのではないでしょうか。また、その過程でオブジェクトは、ある瞬間には曲げられたガラス管として、あるいは、テキストという意味を取り戻しながら、鑑賞者の認識の中に変化し続けます。

 昨年同様に、外光を取り入れた会場内に展開する光のオブジェクトは、鑑賞する時間帯によってもその印象や存在感を変化させます。知覚と認識:形状と意味などが常に「ズレ続ける」感覚を体験いただければ幸いです。

*[make a mistake in choosing:国谷隆志展]の詳細は下記をご覧ください。
 http://www.galleryparc.com/exhibition/future/

*2011年に開催されたGallery PARCでの個展「Mars」の詳細は下記をご覧ください。
http://www.galleryparc.com/exhibition/past/201110-1-mars.html

主催・協賛・後援

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。