加藤富也展 東京画2012 ―吾妻橋より千住大橋まで―

  • 印刷する
会 期
20121029日 -  20121103
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日は17:30まで
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー檜B・C
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-9-9 ウインド京橋ビル2F
最寄り駅
宝町
電話番号
03-6228-6361

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

地表を中心に据えた写真展。

作家のコメント
1999年のギャラリー檜における個展、fromR1 stage0 東京画(東京、灰色の残像)から13年の月日が流れた。

本展、東京画2012はR1ならぬ、fromR4 stage0、東北への第一歩であると同時に自分の中の東京スケッチである点は前回と同じである。 

時代の変化は新たな表現を産み、当時の発表作品(写真を元にした電子版画)は、切り貼りと手彩色、カラーコピーによる仕上げといったアナログ、デジタルの混合技法による表現だったのだが、今は完全にPC上のデジタル操作のみでの表現も一般的になった。今回の作品もストレートフォトも含めてデジタルな操作による作品であるが、手描き作品以外にもアナログ的なアプローチにより、仕上げをPC上で行なった、前回の技法に近い作品も一部含めることにした。他にドローイング作品も含めて20点余りの平面によるインスタレーション的要素のある展示となるだろう。あるいは写真、ドローイング等の静止画による小さなロードムービーを見るような感じになればよい、と思っている。

なお前回の展示では渋谷、銀座、墨田、他、都内のいくつかの地点からテーマを得たが、今回は隅田川に関わる六つの橋を巡る物語とした。
地表を中心に据えた自分の視点による構成という点は変わらない。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。