Oliver Payne 新作個展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20120414日 -  20120526
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
クリエイター在廊

4月14日(土)
この情報のお問合せ
NANZUKA
TEL 03-3400-0075
情報提供者/投稿者
開催場所
NANZUKA
住所
〒150-0002 東京都
渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
最寄り駅
渋谷
電話番号
03-3400-0075

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

このたび、NANZUKAは、1979年生まれのイギリス人アーティスト、オリバー・ペイン(Oliver Payne)の新作個展を開催致します。本展は、オリバー・ペイン個人としては、世界で初となるギャラリー個展となります。

オリバー・ペインは、イギリスのキングストン大学芸術学部を卒業後、1990年代後半からニック・ラルフとのコラボレーションアーティストとして、スケート、ハードコアミュージック、パンク、グラフィティなどのストリートカルチャーをベースにした映像作品やインスタレーション作品を中心に精力的に創作活動を行ってまいりました。2003年にはヴェネチア・ビエンナーレにおいて金獅子(最優秀)賞(第50回ヴェネチア・ビエンナーレ、若手作家部門)を受賞、2004年チューリッヒ・クンストハーレでの個展、2006年サーペインタインギャラリー(ロンドン)での個展など若手アーティストとしては異例の輝かしいキャリアを誇っています。日本国内でも、2004年に水戸芸術館「孤独な惑星」に出品、2008年のヨコハマトリエンナーレにも出展しています。2009年以降、ペインとラルフはそれぞれソロアーティストとしての活動に移行し、特にペインは日本のサブカルチャーを題材とした作品を制作し続けています。

オリバー・ペインの作品は、私たちが常識だと認識している世界の文脈を、一度はフラットにし、そして大胆に角度を変える事で、私たちに新たなビジョンを提供します。昨年11月に開催されたチューリッヒのプロジェクトスペースStudioloにおける田名網敬一との2人展においてオリバー・ペインが発表したコラージュ作品_古いアートブックに掲載されたギリシャ彫刻を日本のTVゲーム「首領蜂(ドンパチ)」からインピレーションを得た弾幕のステッカーをデザインして貼付けた作品_は、西洋文明が自らのアイデンティティの象徴として捉えるアイコンを、日本のTVゲームに象徴的な暴力性が圧倒的に支配する様相を表しています。それは画一的な芸術の権威が、実は妄信的に作られたものである事を暗示しているとも解釈されます。
本展は、「キャンプ」をテーマにした新作のインスタレーションとなる予定です。旧式のTVゲームを連想させるロッククライミング用のホールドが付けられたキャンバス作品は、自然の模倣という絵画のオーソリティーをアイロニカルに更新します。

棘に見立てたサイコロをレザーの上に貼った平面作品は、人々を寄せ付けないよう威圧的な存在感を放つ「エネミー」を想起させます。そして、遊ぶ事のできないコンクリート製のゲームマシーンは、ゲーム脳とも呼べる仮想現実的な思考と私たちの日常との境界を奇妙に映し出します。

本展に寄せて、アーティストが来日を果たします。4月14日(土)19:00-22:00、アーティストを囲んでオープニングレセプションを行います。本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

関連情報

オープニングレセプション:4月14日(土)19:00-22:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。