河野迪夫個展

  • 印刷する
会 期
20120922日 -  20121014
開催時間
12時00分 - 19時00分
最終日-17:00
休み
木曜
この情報のお問合せ
Gallery 点
tel 076-292-2140
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー点
住所
〒921-8011 石川県
金沢市入江2-243
最寄り駅
金沢
電話番号
076-292-2140

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 河野迪夫の仕事は「工芸」である。と冒頭から言ってみたものの、個人的には、「ファインアート」とか「工芸」とか、作品を最初からジャンルで括ってしまうのは好きではない。器物(そうでないものも数多くあるが)という作品の存在を保証している要素の有無などの違いはあるだろうが、その分類は学問としての美術のためのものであって、鑑賞のために必ずしも必要であるとは言えない。もしそこから得られるものがあるとしたら、得体の知れないものを何かしらのグループに加え、名前を付けることによって得られる仮初めの安心感だけだろう。しかし何らかにカテゴライズしたところで、目の前にある作品の色や形が変わるわけでもないし作品は作品としてそこに在るのだ。大切なのはそれが何であるかを自分の眼で確かめること。そしてしっかりと作品と向き合うことではないだろうか。当たり前のことかもしれないが、作品から自分の感情を引き出すことが観るということの本質であると思う。それは「きれい」「かっこいい」「かわいい」そういったシンプルな感動でも十分楽しめるものなのだ。
ただ、美術・工芸のどちらでも確実に言えるのは、確かな手仕事は、その仕事の分だけ作品が熱量を内に秘めているということだ。それは目に見えるものではないけれども、一つ一つの形から滲み出て、人の心を動かす要素になるのだ。
河野の作品はまさにそのような手仕事の集積である。金属を叩いて作りだす地道な手仕事から生まれる様々な形は、生物の一瞬の煌きを中空に固定したかのような生命感に溢れ、そのしなやかさ、柔らかさは、金属の冷たさを忘れさせる。
そして何より、理屈抜きに彼の作品を向き合ったとき、「男の子的なかっこよさ」を感じずにはいられない。そう言ってしまうと、稚拙な表現に聞こえてしまうかもしれないが、最も感度の高い子ども時代、カブトムシやクワガタに感じていた「かっこいい」に近い感覚を引き出されるのだ。そしてあの頃の感覚はいまだに自分の中に息づいていて、ものを観るときのベースとなっていることに気付かされる。
複雑化するアートの世界の中で、私自身、作品を理解するために様々な思考を巡らすことに慣れてしまったが、河野のようなシンプルな感動を与えてくれる作品の存在を大切にし、いつでもそこに立ち返ることを忘れずにいたい。それがものを観るということの原点であり、作品を見つめ、自分の内面と照らし合わせることで心はいつも豊かでいられると信じている。

                                             石川達紘 

関連情報

[同時開催]
2F 北本真隆個展
http://koten-navi.com/node/21321

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。