立花英久塑像展 「僕はなぜ目を閉じてしまったのか」 -レアリテと僕との間で ⑩ -

 Hidehisa Tachibana, 2012
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20120915日 -  20121013
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝
    この情報のお問合せ
    タカ・イシイギャラリー京都
    Tel 075-353-9807
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Taka Ishii Gallery Kyoto
    住所
    〒600-8325 京都府
    京都市下京区西側町483番地
    最寄り駅
    五条
    電話番号
    075-353-9807

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    タカ・イシイギャラリー京都では2012年9月15日(土)から10月13日(土)まで、立花英久の新作展を開催致します。

     ものを作るのは、父と母からもらった左右の手である。父は左、母は右、といつのころからか、かってに決めつけていた。
     今年の五月に、父がいなくなってしまった。離れてくらしていたせいもあるが、しばらくはぴんとこなかった。けれども、ものを作りはじめてみると不意に手が止まってしまうのだった。ああ、ほんとうに父はいなくなってしまったのだな、と思いあたって、手は止まっているのだった。
                                                立花英久

    立花英久の作品は、土を捏ねて作る素焼から木彫まで、素材や手法が変化しながらも一貫した佇まいが印象に残ります。触ってみたときに手に伝わる感覚、長く伸びた像の影、その不思議な表情は、向かい合う人の気持ちに寄り添ったり遠のいたり、それぞれの心の像と結びついていくかのようです。このシリーズの発表は10回を超え、一つの節目を迎えた立花英久塑像展をぜひご高覧ください。

    関連情報

    同時開催:佐伯洋江 展 9月7日(金)- 10月13日(土)
    http://koten-navi.com/node/21236

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。