Stepping Stone - 未来の選択のための今ここにつくる実験場所-

  • 印刷する
会 期
20120915日 -  20121009
開催時間
9時00分 - 17時00分
入館は閉館の30分前
クリエイター在廊

9/15
この情報のお問合せ
一般400 円(300 円) 高校・大学生250 円(150 円) 中学生以下無料
※( ) 内は20 名様以上の団体料金
情報提供者/投稿者
開催場所
小山市立車屋美術館
住所
〒329-0214 栃木県
小山市乙女3-10-34
最寄り駅
間々田
電話番号
0285-41-0968

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

大きな自然の脅威や人的な破壊を契機とする社会構造の転換へ向けた動き、身近なところではコミュニケーション方法の劇的な変化など、今は、マクロな観点においてもミクロな観点においても、世界の大きな変化の波の中にいます。そのような激流の中で私たちは、どのような選択のある未来へと舵をとっていくのでしょうか。身体であったり感情を抱くという変わらないものと、変わりゆく世界の中で、どのように世界と対峙し、世界の中での自分の位置を確認しえるのか、そして、どのようにして思考や生活、社会、世界が形作られているのか、この問いに対して、様々なアプローチをもって試みる実験を行います。視覚のみならず、聴覚を含めすべての身体感覚にアプローチする作品を通し、観る者それぞれの世界との向き合い方が柔軟なものとなれば幸いです。

■ 石澤英子

石澤の作品に共通するテーマは、「自然と文化の関係性、境界線、バランスを探る」です。このテーマを元に文化文明を“ハード”、自然を“ソフト”という抽象的な言葉に置き換え、そこから様々な素材や手法を用いアプローチします。石澤は、開拓、帝国主義、人間の創造欲、支配欲、コントロール欲、名前のある物、何かわかる存在、を“ハード”、大自然、ランダム、無秩序、野生、自由、意識以前の感覚、言葉にならない感じ、曖昧なもの、を“ソフト”と定義しています。通常“ハード”とは物理的な設備・施設を指しますが、石澤は人間の欲によって作り出される「目に見えない」ルールやシステム、個人的な記憶や経験知識も“ハード”になりうると考えています。この“ハード”と“ソフト”の境界線を揺さぶるようなインスタレーション作品をすべて新作で発表します。私たちの思考や行動がどのような“ハード”に形作られているのか、改めて考える契機となるでしょう。日本では初めての展示となる石澤の作品にご期待下さい。

■八木良太

「そこに存在しながら意識されないもの/識別不可能なもの」をテーマに、音を用いた作品、オブジェ、映像、インタラクティブな作品まで、幅広い手法で作品を制作します。そのテーマに置いて「時間」という要素は、八木の作品にとって重要な要素です。八木は、「「時間」は、一直線上の向きに進む/逆戻りをしない/一定の速度である」、といった固定概念に対し、「自由」である立場に立ち、「時間」との新たな関係性を作り出します。近年、新たなアプローチとして、「時間」や「結晶構造」を4次元や高次元から再解釈することによって、別の方向から捉えなおす作品を継続に発表しています。今回は、赤色と青色で作る3次元画像の仕組みを、3次元である立体に発展させる新作を中心に展示します。八木の新たな展開に、どうぞお立ち会い下さい。

■pippi

美術作品の制作活動と共に音楽活動を行うPippiは、数年間の活動休止時期を経て2010年に活動を再開し、野尻湖での滞在制作の後、大阪で初の個展となる「paper piecing」を開催します。pippiのペインティングには、マスキングテープや型の使用が見受けられますが、このマスキングテープや型の跡は、見えない存在との関係への意識であり、今、目に見えているものと、今は目に見えていないものとの関係、でもあります。また、枠組みを持ち入りながら、それをはみ出すように描かれる様は、規則性のあるもの/型にはまったもの、でも、それはそのようにはならない、そのようにして世界が成り立っている、という世界の認識の仕方と見る事ができます。元ダムタイプの田中真由美との共同で作る新作では、「受け入れる」と「受け入れない」の境界線やその背後にあるものを考える為に「全てを受け入れる」ことを意識的に行うプログレスを、色と音のインスタレーションとして発表予定です。関東圏では、初の紹介となるpippiの作品を、どうぞお楽しみ下さい。

関連情報

■オープニングセレモニー&アーティストトーク
  日時: 9 月15 日(土) 14 : 00 ~
■ワークショップ    
 「インフレータブルな自画像」
  内容: ビニールを素材に膨らませるオブジェを作ります。
  日時: 9 月16 日(日) 14 : 00 ~
  講師: 石澤英子(アーティスト)
定員: 10 名(要予約)
  参加費: 300 円
 「3次元のドローイング」
  内容: 赤と青のペンを使って透明の球体に3次元のドローイングをします。
  日時: 9 月30 日(日) 14 : 00 ~
  講師: 八木良太(アーティスト)
  定員: 15 名(要予約)
  参加費: 300 円
 「今日の絵」
内容: 形と色を自由にくみあわせて、「今日の、今のきもち、今の感じ」を作ります。
  日時: 11 月3 日(土・祝) 14 : 00 ~ 
  講師: pippi (アーティスト)
定員: 15 名(要予約)
  参加費: 300 円
持ち物: 汚れてもいい格好またはエプロン、筆、筆洗
■ギャラリートーク   
  日時: 10 月14 日(日) 14 : 00 ~
※アーティストトーク、ギャラリートークは予約不要。観覧券をお持ちの上、企画展示室へお越し下さい。
■無料公開日    
  2012 年9 月17 日(月・祝) 敬老の日、11 月3 日(土・祝) 文化の日

主催・協賛・後援

主催:小山市立車屋美術館
後援:朝日新聞社宇都宮総局、NHK 宇都宮放送局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、
   下野新聞社、テレビ小山放送、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、
   毎日新聞宇都宮支局、読売新聞社宇都宮支局(予定)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。