小松 浩子 展

2012/7/2-7/7 GalleryQ
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20120702日 -  20120707
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    最終日 -17:00
    この情報のお問合せ
    Gallery Q
    Tel 03-3535-2524
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery Q
    住所
    〒104-0061  東京都
    中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F
    最寄り駅
    銀座
    電話番号
    03-3535-2524

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     空想は現前の知覚にに無い事象を心に浮かべる想像の一形態として日常的に広く行われている。空想は観念や心象として現れる精神活動またはその所産であり願望充足の機能を持つ事がある。願望充足が機能している状態は理想と呼ばれ、行為・性質・状態などに関して常人が考え得る最高の状態を指す。理想とは未だ現実には存在しないが実現可能と仮定された行為の目的であり機動力とされる。対して現実とは理想実現への障害を含むと同時に理想実現の可能性の否定をも含み、現前に事実としてある事象を指す。現実においては行為・性質・状態などに関して願望充足が機能し得ず、理想が実現し得ないという事実が成立する。行為・性質・状態などに関して願望充足が機能し得ないという事実は、理想という存在はしないが実現可能と仮定された行為を反復する事を強いることになる。設定された理想により反復される行為は様々だが、空想の上では理想は実現可能であるため願望が充足されるまで行為は繰り返される。ひとたび充足されれば行為を終え考え得る最高の状態に至るはずだが、現実においては理想は実現不可能であるため願望は永遠に充足されず理想実現の目的と機動力は永遠の反復行為に置換される。相互に関連し合い全体を構成している各要素や部分が有する固有の役割を果たす事を機能と呼ぶ。永遠の反復において行為は不変であるが、各構成要素の役割が固有ではあり得ないため機能も不変ではあり得ない。テトラポッドは異形ブロックとも呼ばれ四面と不動の機能を持つ。想定外の大波が押し寄せると保護の役割と不動の機能は変更を強いられ陸を数キロメートルにも渡り行軍するが四本の足から成るコンクリート塊である事には変わりがない。外的要因、内的要因に係らず常に役割と機能は変更されるが、行為は変更される事無く反復を続ける。

    [ステートメント]
    愛してくれる母親を失って
    デカルトは
    物質と精神を分離させた

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。