目を凝らす:よく見えない look closer in yellow fog/岡本里栄 個展

  • 印刷する
会 期
20120619日 -  20120701
開催時間
11時00分 - 19時00分
※最終日は18:00まで
休み
月曜日
入場料
無料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Tel・Fax:075-231-0706
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

Gallery PARCでは、2012年6月19日(火)から7月1日(日)まで、「目を凝らす:よく見えない look closer in yellow fog/岡本里栄 個展」を開催いたします。
岡本里栄(おかもと・りえ / 1988~)は2012年に成安造形大学洋画コース研究生を修了後、現在は京都精華大学大学院に在籍しながら、制作・発表を続けています。

岡本はこれまでおもに人物(人物と確認できる身体の一部も含む)を描きながら、絵と鑑賞者との間に交わされる「目線」を主題の一つとしてきました。
しかし、近年になってそれは、「目を凝らしても見えない、触れて確かめたくなるような存在を絵画によって立ち現すことで、作品と鑑賞者との間によりアクティブな関係を成立させる」として、画面内の人物のフォルムはより曖昧となり、空間の構成は色面にまで融解したかのようでありながら、そこに「存在」を立ちあらわそうとしています。

その絵画制作のプロセスは、その人物の特徴(外見や仕草など)を写真で捉えたのち、独自のルールや色彩感覚を基にした線や色によって絵画へと変換していきます。それは抑制と自由のせめぎ合いの間にありながら、筆の流れや絵具の重なりといったアクシデントを取り込み、やがてそこに「はっきりとした朧げな存在」を留めるにいたります。

鑑賞者は、色や線をたよりに画面に目を凝らすなかで、いつしかそこに人物の輪郭、頬のふくらみや骨格、表情や視線までもを認識し、朧げな中に岡本が描き出した「存在」を感じることが出来るのではないでしょうか。

岡本にとってGallery PARCでの展示は昨年のグループ展「See Here!」に続き2回目となります。
本展では、過去展で発表した2作品とともに、およそ10点以上の新作やドローイング作品を展示いたします。

主催・協賛・後援

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。